カンポビジャのイベリコ豚・仔豚の恵まれた環境での飼育から製品になるまで


IMG_5813.JPG
イベリコ豚の仔豚の豚舎はこのような大自然の草原のど真ん中にある。それがどのぐらいど真ん中というと、これ。

IMG_5875.JPG
実はこの写真は駐車場から撮っているけど、写真の道は延々と農場の中の道路。遙か彼方に見えるガスタンクのようなものが飼料をいれる建物。予断だがスペインは世界でも6番目の豚肉大国でありヨーロッパではドイツに次いで2番目の豚肉大国。更に生ハムは一番の生産量だが、生ハム用の質の高い豚肉にかけては多分世界でも有数の豚肉大国だろう。事実、スペインの白豚の豚肉も焼き肉などではすごく美味しいのだ。

IMG_5815.JPG
豚舎は写真のように窓が虫除けの布で覆われている。

IMG_5816.JPG
そして入り口でシャワーを浴びた後に、青い清潔な服に着替えて靴を長靴に、帽子を被って、やっと豚舎に入れる。スペインは豚肉大国なのでその環境を守るのも大変なものなのだな、、、と思った。

仔豚のラボラトリー
  農場のラボラトリー(検査室)。ここで飼料の検査や仔豚の健康状態をチェックする。

IMG_5910.JPG

こうやって広大な草原の衛生的な豚舎で生産された仔豚はこのような状態になる。

IMG_5925.JPG
丁寧に梱包をされる。

IMG_5936.JPG
このように梱包されて日本に輸入される。

Facebook Comments

カテゴリー: 未分類   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク