自給自足型レストランELS CASALSの飼育場


R0010558
写真は飼育場を背にして、ブティファラなどの加工場方面を撮った。
前を歩いている3人は、左側がシェフと二人の生産を担当している兄達。
写真右は、さやえんどう。野菜ももちろん栽培をしている。
ねぎ、数種類の芋、サラダ用の葉物、などあった。

R0010556
写真はねぎ系の栽培。

R0010540
こちらはさやえんどう豆。

R0010534
鶏!7ヶ月肥育して、料理をする。フランスの鶏の血統も入っていると
言っていた。若いときは草があるところで放し飼いにしていた。

R0010538 
こだわりの飼料。主にこの近辺で取れたものを与える。コーンがベースで
粉乳も与える。

R0010571 
作成中の加工所。倉庫を改造しているといっていたが、中は最新の
設備になっていて、ブティファラ用のアルミ製の巨大な桶などあった。

R0010574
加工所の周辺には、タイムや、ローズマリー(下記)などが
R0010576
生えている。下記もローズマリー
R0010580
なんともうらやましい環境だ。ちなみに弊社の庭もローズマリーを栽培中
だが、冬が寒くなかなか大きくならない。
R0010578
タイム、ローズマリーのほかにも香りがいい草(多分ハーブ)があった。

Facebook Comments

カテゴリー: 2007/05フランクフルト,マドリッド   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク