リスボンで旨いマンチェゴとイベリコ豚での宴?!


リスボンのアリメンタリアで旨いマンチェゴチーズを食べた。
IMG_3384 
切りたてを3分間だけそのままにしておいて!との言葉どおりにして
その後口に入れると、まったりとしたまろやかさは今まで食べたどの
マンチェゴチーズとも違った。

熟成を聞くと16ヶ月~18ヶ月だという。普通なら硬くなってしまうけれども
このマンチェゴはしっとりしている!
IMG_3593
※マンチェゴチーズ。周りに油紙のようなものが張ってあった。
右の肉はイベリコ豚。

IMG_3606 
16ヶ月熟成マンチェゴをカットする。カットの感じも決して硬そうではない。

IMG_3610
カットしたところ。しっとりとした断面なのが写真でもわかる。
チーズの周りにイベリコ豚の脂を塗って熟成をするんだそうだ。

IMG_3613
カットした写真。
IMG_3597
イベリコベジョータとプラムの串焼き。
IMG_3594
イベリコはベジョータのプレッサ。
IMG_3562
イベリコ豚ベジョータ・プレッサの生ハム。
IMG_3559
ベジョータのチョリソー。

IMG_3326
100パーセント、イベリコ豚のベジョータ/ロース。

IMG_3386
ベジョータの生ハム。

IMG_3400
試食をさせていただいたアリメンタリアのブース。
およそ数時間ランチ代わりに食べていた.ワインは注がれるだけ飲んでいた
ので、どれだけ飲んだのか?わからない。

Facebook Comments

カテゴリー: 2007/06リスポン,セビージャ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク