サラマンカのマヨール広場の昼と夜


サラマンカは、人口16万、カスティーリャリオンの県都。スペインを代表
する大学街で、ユネスコの世界遺産にも街全体が登録される。
また人口一人当たりのバルの多さはスペインでも一番とされる。
R0011265
※サラマンカのマヨール広場。カフェとバルが広場の180度全体にある。
いつも観光客でいっぱいだ。

R0011336
夜のマヨール広場。時間は0時頃だが、まだ夜は始まったばかり。

R0011333
こちらはマヨール広場からでている路地。通りの真ん中にテーブルとイス
があり食事ができる。遅くまでにぎわっている。
サラマンカは経験上、バルなどは午前4時ぐらいまでやっている。
朝8時ごろになると若者が街を歩いているが、多分夜通し飲んで帰る
ところに違いない。

Facebook Comments

カテゴリー: 2007/08ブルゴス,ギフエロ,ハブーゴ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク