サラマンカのメルカドのコチニージョ(子豚)の数々


サラマンカのマヨール広場に面したところにメルカドがある。
2階作りで結構綺麗だが、ここで見てきたコチニージョを掲げてみた。
それにしてもここのメルカド(市場)は肉屋が多かった。

R0011289
綺麗な子豚。このお店はコチニージョ専門店。
R0011291
綺麗で白上がりの肉質は生後1ヶ月以内の子豚。もちろん乳しか飲んで
いないので白い肉に仕上がっている。
R0011290
小さめのほうが高価だという。大きくなると飼料とかイベリコならば草など
を食べている可能性が増えるのかも知れない。

R0011293
こちらはイベリコ豚の子豚。

R0011295
無造作に肉屋のカウンターに置いていく。
R0011296
一頭単位のほか、半丸、写真のように各部位ごとでも販売をしている。

R0011298
写真は半丸単位の販売。

R0011302
こちらは先ほどの肉屋のカウンター、他に生ハムとか鶏肉なども売っている。
 
R0011307
こちらは若い肉の専門店だろうか。子豚のほかに、仔羊、仔山羊なども
売っている。

イベリコ豚の子豚と通常の子豚のどちらが旨いか?と聞いてみたら、
結果はまちまち。。。ただイベリコ豚の子豚が若干ながら高めの傾向だった。
味に関しては自分で確かめないと駄目だと思った。機会があったら、是非
試したい。ただイベリコ豚の子豚もベジョータとかレセボのランクはなく、
全て乳を飲んでいるわけなので、肉本来が持っている味が出てくるのでは
ないだろうか。白豚の子豚を売っている親父が言っていたが、イベリコの
子豚は皮がパリッと焼けない。。。とは言っていたがこれも確かめたい。

※サラマンカ周辺では子豚のことを「Toston」と言うがスペイン全般的な
名称ではないらしい。又セルディート(子豚)ともいうが、一般的に肉屋でも
コチニージョで通用しているらしい。

Facebook Comments

カテゴリー: 2007/08ブルゴス,ギフエロ,ハブーゴ, ■イベリコ豚, ■グルメミート   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク