サンセバスティアンのフェリアでのマルティンベラサテギ氏の評判。


IMG_6705.jpg
カサルバのパパーダを使ったマルティンベラサテギ氏のメニューが発表された。

IMG_6683.jpg
いつの間にか、マルティンベラサテギ氏の発表が近づくにつれて、会場は満員となってしまった。

IMG_6687.jpg
マルティン氏が登場して発表を始まる。地元ということもあり大変な人気だ。
レシピは何種類か発表したが、数日前に食べてきたものがほとんどだ!現在のメニューを発表してしまうとは!なんと太っ腹なんだろう!マルティン氏。スペインのガスロトロノミーのリーダーだ。

IMG_6692.jpg
映像はマルティン氏。それを会場のマルティン氏が説明をしている。説明の節々に会場から声援と拍手が起こる。

IMG_6708.jpg
カサルバ社のパパーダ(スペイン版グアンチャーレ)を使った料理が紹介されている。

IMG_6705.jpg
これらの食材(カサルバ社)がなければ僕の料理は成り立たないし、変わりはないとマルティン氏はレストランでj話をしていた食材の一つだ。

IMG_6361.jpg
ちなみに、こちらが数日前のマルティンさんで食べたカサルバのパパーダのメニュー。

IMG_6713.jpg
ピジョンのローストに合うソースを作るところ。左がイベリコ豚の耳。カサルバのものだ。

IMG_6716.jpg
イベリコ豚の耳を炒めているところ。

IMG_6714.jpg
その後ブイヨンを入れて煮込んでいく。映像はマルティン氏。
終始マルティン氏の発表は大変な人気で、彼を支持するコシネロ(調理師)が多いことがわかった。

なおかつ、カサルバの肉を含めて生ハム、サラミ類に寄せる信頼は絶大なもので、カサルバの代りはカサルバしかなく、「ウニコ!です」とマルティン氏は言っていた。次回は24時間煮込んだカサルバのベジョータのパンセタ(バラ肉)を食べたい。

Facebook Comments

カテゴリー: 2007/11カサルバとバスク訪問   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク