チーズのブース(パリの農業展から)


チーズのブースも当然ながら出ていた。
フロマージュ(チーズ)はフランス人にとっては
かけがえのないものらしい。

今回の出張でスペインを同行したリヨン生まれのブランさんは
ずっとずっと子供のころから食べてきたチーズだから
チーズがないと、何も始まらない!と言っていた。


なぜか、生ハム屋さんとチーズは切り離せない。
何処にいっても一緒に売っている。

R0010300-6.jpg
フラッシュ・コンテ地方のブース

R0010301-7.jpg
大きいのを切り分けてくれて試食できる。

R0010303-8.jpg
コンテチーズは生ハムと同じ、長期熟成の旨みが満載だ。
僕も、生ハムにこだわり、チーズにこだわるからこそ、今回の出張となった。

フラッシュコンテ地方から週に1回、ディジョンで、専用の朝市が立つという。
もちろん、生産者が直に出展する場合もあるらしい。
これは5月にはいくしかないだろう。5月はイタリアのチブス(パルマハムの展示会)にも
行く予定だが、そこから回ってみることにする。

ランドック地区のレストランでランチを食べる
R0010307-17.jpg

ランドステーキだ。
R0010308-17.jpg

それとソーセージ
R0010309-17.jpg
意外だけど何処にでもあるメニューだという。

R0010310-18.jpg
カスレも美味しそうだったので、思わずとってしまった。

R0010311-11.jpg
食後にワインをいただく。
もっとも食前酒用の高価なワインだが。

Facebook Comments

カテゴリー: 2006/03バスク、ハブーゴ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク