バスチーユの有名なマルシェ(朝市)


バスチーユの朝市は、結構有名らしい。
安くて、品質が良くて、いつも人でにぎわっている。

ツーリストにも知られていて、マルシェで買ったものを
ホテルで食べている旅行者もたくさんいると思う。

そういう僕も、このマルシェで、ゲームヘンの丸焼き
味がしみた芋、チーズ類などを買ってしまった。


R0010427-1.jpg
地下鉄のバスチーユで降りると、マルシェはすぐだ。

R0010439-2.jpg
この日は、みぞれが混じる寒い日だったが、ご覧のように
けっこうな人でにぎわっていた。
通常のマルシェは両側2列だが、このバスチーユのマルシェは6列ある。

R0010434-4.jpg
新鮮な食肉が並ぶ

R0010435-5.jpg
ラパン(うさぎ)なども鮮度がとてもいい。
このお客だからこそ、回転されていくのだろう。フランスのスーパーとは違う。

IMG_2365-6.jpg

IMG_2367-6.jpg
大量に購入するお客も珍しくない。
写真は手押し車をもってきて、野菜、肉など大量に買っていた。

IMG_2368-8.jpg
チーズ専門店。
コンテチーズがボリュームたっぷりに、置いてある。
重量は50kgぐらいあるだろうか。

IMG_2374-9.jpg
割とにぎわっているお店は、お客のきめの細かいオーダーに応えているお店だ。
このお店は3人でオーダーにあわせて、仕込みをしている。

IMG_2364-10.jpg
そういえば牡蠣もまだまだシーズンだった。
旅行者には、鮮度のいい牡蠣は、体にとってもいいと思う。

IMG_2377-12.jpg
写真拒否のお店。カメラを向けるとノンノン・・・。

IMG_2379-12.jpg
やはり、マルシェのチーズはスーパーのチーズとはだいぶ違う。
マルシェのチーズを食べたら、ちょっとスーパーは食べられない。

これはチーズ専門の展示会でも気が付いたことだが
大きなメーカーでスーパー相手のチーズメーカーは、やはり大味だ。
専門店には味とクオリティではかなわない。
カルフールが不調だった原因の一旦がわからなくもない。

このマーケットは安かろう、まずかろうではダメだ。

IMG_2380-14.jpg
オリーブ専門店。いまもオリーブの実を食べながら書いているが、
なぜか、オイル専門店は別だ。それだけ専門店化が進んでいる証拠だ。
と、いうことは、お客が専門的知識、アドバイスを求めているか?
高品質化を求めているか?だと推測できる。

IMG_2381-15.jpg
野菜も新鮮で驚くほど安い。たまねぎなど1kgで150円ぐらいだ。

IMG_2364-16.jpg
忙しそうに仕込んでいた。

IMG_2434-17.jpg
美味しそうな湯気が出ている

IMG_2436-18.jpg
IMG_2437-19.jpg
マルシェにいくといつも思うことだが、この視覚効果がいい。
見ていて美味しさを感じることができる。
レストランでメニューを1品頼んだら、ボリュームある1品で終わりだ。
マルシェは終わることがない。見ていて旨い♪

IMG_2439-20.jpg
こっちはパエリヤだろう。

IMG_2442-22.jpg
マルシェには必ずといっていいほど、卵専門店が出店している。
卵は驚くほど旨い。価格もいろいろだ。

IMG_2444-23.jpg
これだけの量の卵を販売してしまうのだろうか。
フランス人は卵は朝は食べないと思うが。

IMG_2447-24.jpg
鮮度のよさそうな牡蠣が並ぶ

IMG_2451-26.jpg
チーズ専門店で。
このチーズ屋さんは週に2日マルシェに出店している。

IMG_2455-27.jpg
みたところ双子の兄弟だが、他の日は出店の準備にいそがしいということだ。
フランスではマルシェの巨大なマーケットがあるし、パリ市民の肥えた舌をささえているのも
マルシェかも知れない。

チーズには熟成される温度、湿度、その他もろもろ、ノウハウがあると言っていた。
フランス人にとってのチーズは、日本人にとっての何だろう?

漬物とでもいうのだろうか?
ちょっと思い当たるものがないほど、チーズはフランスの食卓と密接に関係をしている。

Facebook Comments

カテゴリー: 2006/03バスク、ハブーゴ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク