月別アーカイブ: 7月 2008

ブルゴスに到着、カサルバのロモを食べる

カサルバのロモ。オーナーのフリオも一緒にたべてこのロモはすごく出来がいい!と言っていたもの。ふわふわ~とした食感。脂の入り方良く、豚の品質の良さがわかる。

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■ブルゴスの生ハムメーカー・カサルバ | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

具だくさんガスパッチョ

このガスパッチョは酸味が少しだけ強かった。写真の具を沢山入れて、バケットにつけて食べてみたら結構いけるではないか!ガスパッチョ用につくられるパンもあるという。

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■グルメミート試食日記 | タグ: | コメントをどうぞ

シューダーレアルからマドリッドへ向かうレストランで食べた鶏のしっとり感

骨付きのムネのところの鶏がでた。食べてみて軽く驚いた。

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■グルメミート, ■グルメミート試食日記 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

アルマデンのホテルの朝はソブラサーダとイベリコのパティで始まった。

シューダーレアルから100kmぐらい南下したところのアルマデンというところに二泊した。朝食にソブラサーダ(手前のオレンジ色のもの)とイベリコパティが出ていたが、両方とも1人前用になっていたので珍しかった。パンにのせてオー … 続きを読む

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■生ハム! | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

アルマデンの闘牛場にあるレストラン

  Bar&レストランからみた闘牛場。闘牛場の2階はホテルになっている。

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

グラナダからコルドバへ行く途中のレストランでイベリコ豚のステーキに驚いた

  グラナダからコルドバへ行く途中、コーヒーを飲むためにバルに立ち寄った。お昼までに少し早かったが、店員さんの愛想がいいのと、「レストランはとっても美味しいよ!」と何度も言っているので少し早いけど食べてみた。肉 … 続きを読む

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■イベリコ豚 | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

品質の高いハモン・デ・トレベレスを製造するフビレス社の秘密ー丁寧な塩漬けと3回もの血抜き工程によりクセのない生ハムが出来上がる

  フビレス村にあるフビレス社には品質の高いトレベレスハムを製造するための秘密が数多くあるが、その一つとして厳選された原料豚の塩漬け工程における丁寧な血抜きにあった。

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■トレベレス・生ハム | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

品質の高いハモン・デ・トレベレスを製造するフビレス社の秘密ー豚の肉質がいい冬場に80%のハムを仕込むことができる理由

美しく清潔で壮観な熟成庫内。床は総大理石張りだ。フビレス社を訪れたこの時期にはハモンの仕込みはしていなかった。そのほとんどを冬場に仕込むという。ちなみにハモンの数は23万本ほどある。

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■トレベレス・生ハム | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

品質の高いハモン・デ・トレベレスを製造するフビレス社の秘密ー原料豚は数千頭に一頭の割合で質の高い豚を選別する

  熟成庫の大理石の床にオリーブオイルのような少し黄色みがかった脂がたれている。イベリコ豚の生ハムにはよくあることだが、白豚のハモンセラーノでは、「ごく、まれ」のこと。脂が常温で溶けるということは脂の質が非常に … 続きを読む

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■トレベレス・生ハム | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

品質の高いハモン・デ・トレベレスを製造するフビレス社の秘密ーシェラネバダの澄んだ風で芳香な生ハムができあがる

フビレス社があるフビレスはトレベレスとは9kmぐらい離れているが、トレベレスよりも乾いた風が吹くという。トレベレスにあるような川がある谷間はなく、南側の山の斜面に村が位置するために1日の日照時間が長いためこのへん一帯は生 … 続きを読む

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス, ■トレベレス・生ハム | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ