CDGの近くのロワシーで泊まった滞在型のホテル


R0013587
出張の最後にフランスのシャルルドゴール空港の近くのホテルに泊まった。ロワシーと言う地名のところで様々なホテルが建っている。ここからパリへの道のりはそのままタクシーで行っても良いし(50ユーロぐらいか)一度各ホテルのシャトルバスに乗って空港まで行って、空港からバスか電車になるが、パリと同じ料金ならこのロワシーのホテルはいい。

 R0013588
地下にセキュリティのしっかりした駐車場もありレンタカーでも便利。

R0013585
部屋の中。一応リビングがあるし、机もある。

R0013582
小さなキッチン(ドアの左)もあり、自炊も出来る。

R0013572
キッチンはコンロが二つと電子レンジ、湯沸かしポットもある。簡単な鍋、皿、コーヒーカップなどもそろっている。ナイフはないが、僕はいつも出張用でキッチンばさみを持参しているので何かと重宝している。

 R0013573
カウンターもあって、簡単に食事が取れる。

 R0013578
こちらはバスルーム。バスルームも結構ゆったりとしているので出張の疲れを癒すにはよかった。他のトイレがついている。

R0013580
ベットルーム、左がバスルームになっている。

R0013581 
窓の手前には大きいトランクもおけるスペースがあって便利だった。

R0013590
ホテルの値段が入り口の貼ってあるが、ネット価格はビックルするほど安いのでおすすめ。
このホテルの往復はCDG空港からはシャトルバスが出ている。ちなみに2Fの場合は見つかりにくかったのでインフォメーションで聞いたところ5番から出ているとのこと。帰りはターミナル1か2でバスが違うので間違えないようにしたい。

ロワシーのホテルは多分十数件あるので散歩のついてにレストランを見て回るのも楽しい。パリのわからないレストランよりは、よっぽどグレードの高い食事にありつけることと思う。
また対応もいいのでおすすめ。どちらにしても喧噪のようなパリよりも静寂がいい人にはおすすめ。
ホテル名は SUITES by MdB 

Facebook Comments

カテゴリー: 2008/07トレベレス,ブルゴス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク