サラゴサのレストランでの、すこし贅沢なランチ


 

IMG_0360
このレストランはサラゴサの街中にあるレストラン。全品で8品ぐらい出てそれに合ったワインを出してくれると言う。ちなみにこれはアペリティフ。魚のすり身とアリオリソースと何かが混ざっていた。

IMG_0363
ヘレスのマンサニージャ。と下は鰯のサラダ。
IMG_0364 
イワシの酢漬けとサラダ。ヘレスのシェリー酒とは以外と合っていた。

IMG_0367
ウズラのマリネ漬けとピスタチオソースは、ウェルバのオロロッソで頂く。

IMG_0369 
小イカのソテー、黒墨ソース。モンセラのカバで頂く。
イカのもっちりした食感を濃厚な黒墨のソースがさらに引き立てている。
左のものは、モルシージャで使っているようなスパイスがきいた野菜で、箸休め的によかった。

IMG_0372
魚介類のリゾット。アラゴンのシャルドネ。
しっかりと出汁がきいたリゾットは旨いし、キリっと冷えたシャルドネは良く合う。

IMG_0375 
チョウザメのステーキ、ハモンイベリコや大根などの野菜添え。は、カリネラの赤ワインで頂く。
100パーセントガリナッチャ種のワイン。
しっかりした肉のステーキのようなチョウザメとハモンイベリコのコクと味わいがある野菜類のシャキシャキした歯ごたえと良く合う。ガリナッチャはもったりしていなくて美味しかった。

IMG_0376 
仔羊の足首のステーキ、ジャガイモ添え。エテナの赤ワイン。このワインは100パーセント、メルロウ種、ボディがある。
ちなみに仔羊は真空調理法で68度18時間!火を入れたもの。足首のゼラチン質に富んだ肉を柔らかく仕上げていた。ソースは仔羊の骨とジュでとっているらしい。

 

IMG_0379
アプリコットとモモのデザート。モスカル種のデザートワインで頂く。

IMG_0382
最後はカカオのアイスクリーム、オリーブオイル添え!。ポルト酒で頂く。
オリーブオイルとアイスクリームの組み合わせは初めてだった。意外な味わいとマッチング。
ポルト酒の深い味わいと適度な甘さが最後の口直し。

IMG_0383
最後にカフェソロを頂いた。これで一人80ユーロは決して高くないだろう。
このレストランの支配人は日本通で、日本酒も合わせるらしいが、この日は日本人のお客ということで地元のワインで組み合わせてくれた。
ちなみにこのお店のバルには、バルで3年間熟成かけたロモがあった!

サラゴサのレストランでびっくりのロモ・イベリコベジョータ

Facebook Comments

カテゴリー: 2009/03サラゴサ,バルセロナ,トレド   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク