Category Archives: D.O.カタルーニャについて

1.jpg
© 2015 Staff. All rights reserved.

スペインワイン「D.O.カタルーニャ・ベンディミアレポート」

私は9月15日から29日までの2週間、カタルーニャのVins del Massís(ビンス・デル・マシス)へ研修に行ってきました。こちらはBodega Contadorとは異なり小規模、少人数の ボデガなので、収穫から全て醸造責任者であるイバンがその場で指揮を執り、私も彼について行く形で、多くの仕事をしました。 まず、収穫は私とイバンを含め5人で行います。最初にマシス用のぶどうから始めましたが、9月中旬でしたので、昼間の厳しい日差しの中での収穫は大変でした。その後マシソ用のチャレロの収穫に移るのですが、選りすぐったブドウを徹底的に熟させてからの収穫になるので、度々畑に足を運び、サンプルを採取し、ボデガでモストを絞り、糖度を見たり、reflectometroという器具で直接実から糖度を見るという方法で、収穫の時期を決めます。そうして時期を図り、9月下旬に収穫するチャレロは、 美しい黄金色に輝き、一粒食べてみると凝縮した甘味が口の中に広がる、素晴らしいぶどうになっていました。 ボデガ内では、全てのステンレスタンク内の温度、糖度の確認を任せてもらいました。日々数値が少しずつ変化し、その過程を五感で感じ、モストが発酵してワインになっていく行程を見ることができる貴重な体験でした。 その行程を見ていると、タンク一つ一つに愛着を持ち、ボデガを離れる時には寂しさをも感じました。 その他に、古樽の掃除や除梗機と圧搾機の手入れをすることによって、ワイン造りの細かなところまで見ることができました。特に古樽の掃除では、今まで新樽が良いとばかり思っていた考えが変わり、古樽を使うことの手間暇がいかに大変なことかと思いました。 今回の経験を通して、ワイン造りはもちろん、そのワインの特徴や背景を伝える難しさを知りました。(くにゃ~お)