Category Archives: ボデガについて

DSC_8226_2.jpg
© 2015 Staff. All rights reserved.

2014年のリオハのベンディミア・・・スペインワイン、ボデガ・コンタドールについて

2014年のリオハ地域は、気候にかなり恵まれ、ブドウが良い状態で生育しました。 そのため、統制委員会は、8月30日からの収穫を許可しました。収穫許可となって以降も天候には恵まれ、というよりも恵まれすぎてなかなか気温が下がらず、暑すぎるきらいはありましたが、全般的に収穫は順調に進んでいました。 ですが、10月に入ると断続的に激しい雷雨があり、収穫期後半3分 の1は多くのボデガにとって、非常に厳しいものとなりました。ボトリティス菌が繁殖し果実が腐ってしまったり、水分を含みすぎて果実がブヨブヨになってし まったりと。特に気候に恵まれていて、果実が例年以上に実り、房同士がくっついている畑では、ボトリティス菌の被害は大きくなりました。これは、新聞の1面や、ニュース番組の冒頭で取り上げられる程でした。 そんなこともありつつ、2014年のD.O.Ca.リオハのベンディミアは10月21日に終了となり、統制委員会は、今年は質・量ともに素晴らしいとコメントしています。が、これは出来上がったワインを飲まないとわからないと思いますし、個人的にはボデガでだいぶ差が出るのではないかとも思っています。 Bodega Contadorも 全く影響を受けていないといえば、嘘にはなりますが、その影響は近隣のボデガと比べれば、はるかに低いものです。というのは、ビオディナミ農法にて、生態 系のバランスがよく整った畑では、病原菌が発生しにくいうえに、そこで育っているブドウたちは、病原菌に対し強く育っているからです。また、元々果実が多 く実り過ぎないようにしっかりとした剪定、グリーンハーベスト(緑色の房の原型が実り始めた時点での間引き)を行っているうえに、プレベンディミアを行っているため、房同士がしっかりと離れています。 10月14日の仕事終了後に各醗酵樽からその時点での中身を、ボトル1本ずつ取り出し、テイスティングしました。通常は最終日に行うそうなのですが、翌15日の最終日は、テレビ局の取材が入ったり、早い時間にボデガを出なければならないスタッフがいたりしたので前日に行いました。 こ のテイスティングは、個人的には、かなり興味深い貴重な経験でした。対象が、未だ単なるジュース、まさに醗酵真っ盛り、もうほぼ終わり、完全に終えたもの などですから。出来上がったワイン自体を表現することもかなり難しいですが、それ以上に表現が難しいテイスティングでした。コンタドールの醗酵樽のひとつ のアルコール発酵が終わったばかりのワイン、もう十分においしく、バルでグラスワインとして出されても、違和感なくおいしく飲める状態でした。               (Yoshy)

BODEGA
© 2012 GMW. All rights reserved.

BODEGAボデガとバリカ(樽)

2008年完成のベンハミン・ロメオが完璧を目指したボデガ。「BODEGA CONTADOR」です。フレンチオークの新樽が整然と並ぶ熟成庫は、ベンハミンがアルタディから独立して最初にワインを作った、サンビセンテ城のクエバ(地下のワイン熟成庫)と同じ環境になってます。同じ温度、湿度を基本的に保っていますが、微調整はコンピューターで管理しているという徹底ぶりです。恐らくスペインワインの醸造ではこれだけの環境はそうそうなく、世界中のワイン醸造家が見学に行きたいワイン・ボデガだそうです。写真は2011年の初夏のボデガ。 こちらは2012年9月末のボデガ。ワインが入った樽は瓶詰めされて、代わりに新しい樽がフランスから続々入ってきます。 一樽ごとに丁寧に梱包されて入ってきます。 パーカーポイント2年連続100点のスペインワイン・コンタドール用の樽は最高の樽を使ってます。この樽1個で約3500ユーロ!するとのこと。 ボデガにこれからベンディミア(ブドウの収穫)前にワイン用樽がどんどん運び込まれてきます。ちなみに安いのは1樽750ユーロ。平均すると1樽1000ユーロ(200リットル入り)の高級なフレンチオークの樽を使っています。これから計算すると1本あたり新樽のコストは日本円に換算して400円弱!。樽だけでなんとスペインワインとしては破格の400円ものコストがかかっていることになります。