リードヴォー・スウィートブレッド【フレンチ御用達食材】

4.23 (13件のレシピ)

投稿者:B 兵庫県 serla様  [レシピ]
投稿日付:2013/03/09 09:41

ウチの子のお気に入りの食材の一つに、リ・ド・ヴォーがあります。
ウチの子は、高級食材が好きらしい(笑)
親としては出来るだけ色々と食べさせてあげたいけど、経済的な部分もあるしね。

でも、たまには登場させてみました。
リ・ド・ヴォーを使った前菜です。

Ⅰリ・ド・ヴォーの下処理をする
①リ・ド・ヴォーを冷凍の状態で水に1晩、浸けて血抜きする。
※冬場は常温で、夏場は冷蔵庫で行うと良いと思います。
②鍋にリ・ド・ヴォー、浸かる程度の水を入れて強火にかけ、沸騰すれば、静かに沸く程度の火加減にして、3分ほど茹でる。
③リ・ド・ヴォーを氷水に浸けて急冷し、食べた時に口に残りそうな大きな被膜のみ取り除く。
※すべてを取り除くとバラバラになるので、口に残りそうな大きな被膜のみ取り除く。
④バットでリ・ド・ヴォーを挟み、重石をして冷蔵庫に1晩いれて水を抜く。
※重石の重量は500g程度と言われますが、適当に。
⑤水が抜ければ下処理は終了です。この状態で冷凍保存しておくと使い勝手が良いかと思います。

Ⅱソースの下準備をする
①赤ワイン100ml、ポートワイン100mlを強火にかけ、沸騰してアルコールが飛べば、弱火で50ml程度まで煮詰める。
②フォン・ド・ヴォー100mlを加え、中火で半量程度まで煮詰めてソースの準備を終える。

Ⅲ仕上げていく
①リ・ド・ヴォーの水分を拭き取り、適当な大きさにカットして、塩、こしょうをする。
②小麦粉、カレーパウダーを混ぜ、リ・ド・ヴォーにまぶして余計な粉を払い落とす。
③温めたフライパンに、オリーブ油、バターを入れ、中火~中火強ぐらいの火加減で、香ばしくリ・ド・ヴォーを焼いていく。
④リ・ド・ヴォーが焼ければ網の上に取り出し、表面の油分を拭き取る。
⑤アボカドはカットした後にレモン汁をかけておき、トマトは皮を湯むきしておく。
⑥お皿に、リ・ド・ヴォー、アボカド、トマトを盛り付ける。
⑦下準備したソース50ml、シェリーヴィネガー20mlを加えて強火にかけ、塩、こしょうで調味する。
⑧ソースを火から離し、バターを加えて溶かし込む。
⑨お皿にソースを流し、クレソンを飾って仕上げる。

リ・ド・ヴォーのムニエル カレー風味

温かいリ・ド・ヴォーのムニエルと冷たいアボカド、トマトを合わせた前菜。
ポートワインを加えて甘めにしたソースに、シェリーヴィネガーのほのかな酸味がマッチしたソース。
リ・ド・ヴォー自体には味があるわけではないので、どんな風に調味するかが大切だと思います。
今回はカレーの風味をつけ、甘酸っぱい感じのソースを使って仕上げてみました。
ふんわりとしたリ・ド・ヴォーとカレーの風味、甘酸っぱいソースはベストマッチ。
アボカドやトマトというフルーツ系とも良く合います。
トマトは、酸味が強くなく、甘味の強いトマトを使った方が良いかな。
リ・ド・ヴォー好きの子供にも好評な前菜でした。




商品の評価:★★★★★
 いいねの数 83

100gあたり 598円
1個 約 4,784円(税別)

3.50 (10件)

VL2010F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る