中落ちカルビ煮込み用(下野牛)約250g【お手頃サイズの煮込み用】

5.00 (3件のレシピ)

投稿者:S 神奈川県 duck様  [レシピ]
投稿日付:2017/12/11 23:36

焼くだけで柔らかい中落ちカルビは、軽く煮こんで、トロトロに!


焼き肉の誘惑に負け、焼き肉でいただいてました。

 
いただいて思ったことは、
“煮込んでも美味しいだろうなあ?” 
 
鮮やかな赤と白のコントラスト、
肉厚のもの、薄いもの、
大きな肉と小さな肉と、
形、大きさが、
ありますが、
火をちょうどよく入れて、
焼き肉でいただいてました。
 
長時間、
煮込まなくても柔らかいお肉なので、
ある程度火を通し、
ソースだけを煮込んでみました。
 
お肉を焼いた脂で玉ねぎを炒めれば、
バターで炒める炒め玉ねぎとは、
何か違います!
 
美味しいお肉で作ると、
やっぱりシチューの味も
美味しい!!

焼き肉とは違ったおいしさがありました。
 
軽く煮込んで、
ゼラチン質がトロトロになり、
脂が甘く、
上品なシチューになりました。
 
 
 
◇◇◇中落ちカルビのシチュー◇◇◇
 
◆中落ちカルビ煮込み用(下野牛)・・・・・・2袋(500g)
◆塩・・・・・・小3
◆胡椒・・・・・・少々
◆小麦粉・・・・・・適量
◆バター・・・・・・大1
◆玉ねぎ・・・・・・大1個(薄くスライス) 
◆セロリーの葉・・・・・・適量
◆月桂樹・・・・・・1枚
◆茹でたニンジンとじゃがいも・・・・・・適量
◆クレソン・・・・・・適量
◆赤ワイン・・・・・・1/2本
◆デミグラスソース・・・・・・1/2C
◆トマトケチャップ・・・・・・1/4C
◆ウースターソース・・・・・・1/4C
 
 
【作り方】
  1. お肉に胡椒し、小麦粉をまんべんなくまぶし、はたきます。
  2. 鍋にバターを入れて溶けたら、お肉を入れて焼き色をつけて取り出し、
  3. 玉ねぎをキツネ色になるまで炒め、焼いてお肉と赤ワインとお水3~4Cと月桂樹とセロリーの葉と調味料を入れて強火にし、
  4. 沸騰してきたら弱火にして灰汁を取り、20分ほど煮込み、
  5. お肉を取り出し、半分の水量になるまで弱火で煮込み、
  6. セロリーの葉と月桂樹を取り出し、ハンドミキサーで粉砕し、滑らかなソースを作り、味を調えます。
  7. お肉と茹でたじゃがいもとニンジンを鍋に戻し、温め、お皿に移しクレソンを飾ります。

材料


小麦粉でお肉のおいしさを閉じ込めて


香ばしく焼き色を着けて


お肉の旨味の脂で炒めて


お肉は、軽く煮込んで


粉砕する前の煮汁


豪華!!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 9



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「洋風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「煮込み料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「シチュー料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る