ラム骨付きモモ肉【家庭のオーブンで焼けます!BBQにも♪】

5.00 (4件のレシピ)

投稿者:B 島根県 Toddchiku様  [レシピ]
投稿日付:2012/05/19 13:25

そろそろ風が夏の薫りを運んでくる季節になりました。先日、料理教室の生徒さんたちと、総勢16名で海辺にてバーベキュー。

主役は”ラムの骨付きモモ肉の丸焼き”。以下、昔からやっている自己流のラム焼きです;

1)まずは炭を熾しておきます。ちなみに写真の炭焼きコンロは網が30cm×45cmほどの大きさ。ラムは3・5kgです。1時間ぐらい前には炭を熾しはじめ、「消えちゃったんじゃないの?」と心配になるぐらい落ち着いた火で焼くのがコツです。でないと肉の表面ばかり焦げてしまいます。

2)解凍しておいたラムをさっと洗い、表面の水気をキッチンペーパーなどでふき取り、骨まわりの余計な脂を切り取ります(あまりに付きすぎた脂は焼いた時に煙が肉に回って風味を悪くするので、適当に整えたほうがいいです)

3)肉塊のあちこちに、先の尖ったナイフでブスブスと穴を開け、皮をむいたにんにくを半片ずつ埋め込みます。そして仔羊用ステーキスパイスとこしょう、オリーブオイル適量を全面に良くすり込み、しばらく置きます。

4)ほどよく火のおきたコンロの上に肉塊を置いて、ひっくり返しながらじっくり焼きます。焼き始めは脂がけっこう落ちますが気にしない(脂と一緒に表面のスパイスもどうしても落ちるので、最初はしっかりめの味付けがいいわけです)

5)10~15分ほどして、指で押してみて固めの弾力=生のときとは違うぐっとした感触=が出てきたら、焼けた表面を2cmぐらいの厚みでそぎ切ります。切り取った肉の内側はちょうどロゼになっているはず。 ちなみに、そぎ切るのに一番適しているのはパン切りナイフ、あるいは冷凍食品を切るナイフ。刃の波打っているタイプだとすっきり切れます。

6)そぎ切った後の部分に、また軽くスパイスを振りかけて焼いていきます。この繰り返し。ですから、焼く担当はビール片手に交代しながら(^-^) b 肉塊が小さくなるにつれて火の通りも早くなりますので気をつけて。

6)焼き野菜を付け合せにして召し上がれ。じゃがいも、ピーマン、ナス、玉ねぎ、それにトマトも合います。トマトはしっかり焼くとソース代わりにもなるので特にお勧めです。

この日のメニューは、ラム焼きのほかに「蒸しジャガイモのスカモルツァ・アフミカータ乗せ」「イベリコ豚のブティファッラのグリル」 ずいぶんグルメミートさんのお世話になりました(^-^) その他「スナックえんどうとトマトと新玉ねぎのマリネ」「ほうれん草とマッシュルームのサラダ」「ふきのとう味噌の焼きおにぎり」などなど・・・野菜やご飯系もバランスよく用意されていると誰もが飽きずに楽しめますね。

しかし何といっても主役は”ラムの骨つきモモ肉”。 「こんなの初めて見た」「大きいー!」「ゴージャス!」でパーティーの話題をさらい、焼き上がりは「柔らかくて美味しい!」「羊肉は匂いが苦手だったけど、これは全然平気、いくらでも行けるわ」と人気者でした。 この夏、また活躍しそうなラムです。




商品の評価:★★★★★
 いいねの数 139

1kgあたり2,580円
1個 平均5,675円

5.00 (9件)

LM1023F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「焼く/ローストする」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「網焼き/炭焼き」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「バーベキューBBQ」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)