餃子ソーセージ 50g×4本(日光HIMITSU豚 ニラたっぷり餃子風味生ソーセージ)

5.00 (1件のレシピ)

投稿者:G  東京ウサコ様  [レシピ]
投稿日付:2020/06/01 23:59

簡単しっとりジューシーな餃子ソーセージのホイル焼き

餃子ソーセージ、初めて食べました! お肉のしっかり旨味に、ニラのスタミナがガッツリ香る、濃い味ソーセージでした。

はじめの2本は、室温に戻してから魚焼きグリルで焼いて、ごはんのおかずに。 グリル焼きならではの凝縮感を堪能いたしました。

さらに、この餃子ソーセージは、もっと美味しく食べられる!と、ジューシー感を保ちながら焼いたのが、「ホイル焼き」です。 グルメソムリエさん推奨のソーセージの焼き方に、お湯で温めてから、フライパンで焼き目をつけるというのがあり、ふっくら香ばしくてたまらないおいしさながら、多少はお湯に逃げる旨味もあるような気もします。

この「多少は…」を、ホイル焼きは逃さないように思いました。

手順は、

・アルミホイルに、野菜を置く。(冷蔵庫のありもので、舞茸と茗荷)

・野菜の上に、ソーセージをのせて、ホイルをとじ、包む。

・熱した魚焼きグリルで、ホイル包みを焼く。

・ホイル内の野菜の蒸気でソーセージが温まったら、ホイルを開いて、魚焼きグリルでソーセージの両面に程よい焼き目が付くまで焼く(うちは、片面焼きグリルなので、途中でソーセージを裏返す)

です。

この、野菜の水分でソーセージを蒸してから、焼き目をつけるという工程が、超簡単にもかかわらず、ソーセージを最高に美味しくしてくれたように思います。

焼き時間は、ホイル包み6分→ホイルを開いて3分→ソーセージを裏返して3分、くらいでした。 在宅勤務の昼休み、12時に作り始めたのですが、12時15分には食べ始められるスピーディーさ。しかも、ホイルを丸めて捨てるだけなので、後始末も時短です。

ソーセージは塩分もしっかりしているので、味をつけていない野菜が程よい付け合わせとして、肉の旨味を引き立ててくれました。      


アルミホイルにありもの野菜


さらにソーセージをのせて、包みます


ソーセージがしっかり温まったら、ホイルを開いて、ソーセージに焼き目をつけて、頂きます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 3



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「グリル」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソーセージ・ベーコン・塩漬け肉を使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ&ベーコン
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2020年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る