エゾ鹿(蝦夷鹿)内モモ(ミニブロック)【柔らか!濃い味わいのジビエ肉】

5.00 (19件のレシピ)

投稿者: 神奈川県 duck様  [レシピ]
投稿日付:2009/02/08 01:01

レストランで 「 蝦夷鹿のカルパッチョ 」 をいただいてから3年経ちます。家庭でいただけるなんて嬉しいです!!

“舌の上でとろけるようになくなってしまい、癖がなく穏やかな味”の 『蝦夷鹿内モモさくどり』 です。

 赤身の馬刺しよりもさっぱりした味で、肉質も前者よりきめ細かく、くせがありません。

 前菜にほんの少し出すだけで食卓が華やかになりました。

 まろやかで素材の味を活かすオリーブオイル の ミゲル・ヴァレンティノ・ノンフィルター・エクストラバージンオリーブオイル との相性もばっちりで、ひと手間かけますが500万年前の塩(ブッチャー)、黒コショウをソルトミルで挽き、パルメジャーノ、ピンクペッパーと、味付けは控えめにしていただきました。

 できるだけレアでいただきたいので、バーナーで表面を焼き、生部分を多く残すようにしました。

◇◇◇蝦夷鹿のカルパッチョ◇◇◇

1.解凍した蝦夷鹿内モモさくどりをキッチンペーパーで水気をふきとり、ガスバーナーで表面全体を焼きます。
2.冷蔵庫のパーシャル室でお肉を落ち着かせ(30分位)薄くスライスし、500万年前の塩、黒コショウを振り、ミゲル・ヴァレンティノ・ノンフィルター・エクストラバージンオリーブオイルをかけ、薄切りのパルメジャーノ、潰したピンクペッパーをちらして出来上がりです。

☆もう少しでアラフォーを迎えますが、年を取ることに 高タンパク・低脂肪 の “体に良い食品” をいただくように心がけたいものです。



商品の評価:★★★★★
 いいねの数 247



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「刺身/カルパッチョ/タタキ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「その他」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)