エゾ鹿(蝦夷鹿)ミンチ(300g)【エゾ鹿の美味さをひき肉で手軽に】

4.69 (16件のレシピ)

投稿者:G 大阪府 TOMMY15様  [レシピ]
投稿日付:2022/02/27 09:51

様々な種類のミンチが手に入るグルメソムリエさん

エゾ鹿ミンチで、テリーヌを作りました。

ボールに入れてこねても、この寒い時期に手に脂が付かないほどの赤身。

癖のない濃厚な赤身が楽しめますね。

 

★材料と作り方

エゾ鹿ミンチ   300g×2袋 600g

豚バラ      119g 角切り

ニンニクと玉ねぎの自家製ジャム 大匙2

自家製塩麹           大匙1

塩               小匙1

 まずは、ここまでの材料をボールに入れて良くこねる。

ノイリープラ           大匙1

ドライクランベリー        大匙3

ピンクペッパーコーン       大匙1

 以上を加えて、均一になるようにこねる。

ベーコン             5枚くらい

ベイリーフ            1枚

 型にベーコンを敷いて、空気が入らないように

 鹿ミンチミックスを詰める。

 上にベイリーフを置く。

 アルミホイルでふたをする。

 深めのベイキングトレイにお湯を入れて、

 湯煎でオーブンに入れる。

 160℃で70分加熱。

 オーブンから出したら、冷めるまで置き、

 一晩冷蔵庫で寝かす。

 食べる15分前に冷蔵庫から取り出して、

 切り分ける。

 周りのゼリーも一緒に盛り言いつける。

 ピクルス、マスタード、パンなどと共に。

 

ハンバーグを作るときもそうなんですが、

卵とか、パン粉とかめったにつなぎを入れません。

(生の玉ねぎやエノキ茸みじん切り、豆腐は入れるのも好きです)

そんなわけで、このパテもとっても肉肉シイ出来上がりです。

レバー系も入れなかったので、

全く臭みというのもありません。

エゾ鹿の赤身の直球の旨味と、豚バラの脂の旨味。

時々ピンクペッパーコーンがはじけてスパイシーな香りを放ち、

ドライクランベリーの甘酸っぱさもアクセントに。

好きなだけ、厚切りにして、頂いちゃいました。

楽しいなぁ。

思い立ったらすぐ出来る、

ミンチのストックは欠かせない存在です:)


ボールで良くこねて、型は準備して


きっちりと詰める


焼き上がり。周りには、旨味のゼリーが


厚めに切り分けて 頂きます!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 4



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「フランス料理/風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「焼く/ローストする」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「オーブン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「パテ/リエット/テリーヌ/ミートローフ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソーセージ・ベーコン・塩漬け肉を使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら


●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)