グラスフェッドビーフ厚切りヒレステーキ・シャトーブリアン(牧草牛)塩&焼き方説明書付

5.00 (1件のレシピ)

投稿者:S 東京都 shiki様  [レシピ]
投稿日付:2018/11/23 02:07

久しぶりに分厚いヒレ肉が入手出来たので、シンプルなステーキを作ってみました。

●グラスフェッドビーフ厚切りヒレステーキシャトーブリオン

材料:1人前

グラスフェッドビーフ厚切りヒレステーキシャトーブリオン1枚

茄子:1本

アスパラ:2本

飾用のフェンネル:1本

デミグラスソース:適量(作り置き冷凍もの)

塩コショウ:少々

作り方

完全に前の日の夜から冷蔵庫で解凍してから完全に常温にしました。

まずは塩コショウして、普通の厚切りステーキとは異なりますので、各面がステーキの

一面として表と裏を焼き、頃がしながら横面も丁寧に焼きました。

焼きかげんも温度計で中の温度を計りながら、火を止めては休ませて中心が55度位に

なるように気を付けました。

後は茄子を2つに切って素焼きに、アスパラはたっぷりのお湯に塩をひとつまみ入れて

硬めに茹でて、茄子と添え合わせました。

ソースは作り置きのブラウンソースに高めの赤ワインを足して香りを戻してお皿に敷きました。

そこにお肉と添え合わせの茄子とアスパラのせて、庭の大きいフェンネルを飾って完成です。

シンプルに仕上げてお肉の味を楽しんでみようという魂胆です。

感想

まずこの出来上がりの写真を見て下さい。実に美しく焼けました。

実際の高さは中々の眺めでした。夢中で食べたので中のロゼ色の写真を撮るのを

忘れてしまいましたが、実に柔らかく癖が無くて脂がしつこくなくペロッと

平らげてしまいました。

やはり、この量を食べるのには和牛よりもかえってしつこくなく、

それでいてとても柔らかかったので大満足でした。;(

いつも思うのですが、ワインが外国産という事もあり、

この手の美味しいい牛肉はかえって和牛よりワインに良く合うような気がします。

 


材料


完成


この高さ!


アップ!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 3



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理,合う料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ステーキ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソースを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る