グラスフェッドビーフ厚切りヒレステーキ・バットテンダー(牧草牛)塩&焼き方説明書付

5.00 (4件のレシピ)

投稿者:B 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2019/09/30 00:40

少し過ごしやすくなり、バーベキューが気持ちの良い季節になってきました。おうちでバーベキューとまではいきませんが、大きめにカットしたゴロゴロのお肉をグリルで串焼きにしてワイルドにかぶりつけば、少しアウトドアな気分になります。

 

バットテンダーのブロシェット

1. 一切れのお肉は8等分し、塩、ガーリックパウダー、オリーブオイルで軽くマリネする。

2. パプリカと交互に串に刺し、グリルでさっと焼く。

3. ベビーリーフを敷いた皿に乗せて供する。

 

感想:

個人的に串焼きで頂くお肉は赤身が好きなので、このバットテンダーは最高の選択でした。グラスフェッドのお肉はレアで頂ける質の良いものなので、その柔らかさと赤身肉の美味しさを生かすために味付けはシンプルに塩とガーリック。そしてお肉を油でマリネすることで表面のパサつきを防ぎます。すぐに火が通るので中火で軽く焼き色が付いたら返していくスタイルで綺麗なロゼに焼き上げます。

一枚のステーキ肉でブロシェット2本分が大体の目安です。一枚を8等分にすると大体3-4㎝角のお肉になり、かぶりつける大きさです。焼きあがったお肉をさっそく口に含めば、しっかりした大きさのボリュームなのに口の中ではふわりとほどけて柔らかい! このほぐれ具合は感動的です。噛み応えのあるモモ肉も美味しいのですが、牛肉のブロシェットにはフィレ肉が一番合う気がします。ほんのり利かせたガーリックが良い感じです。シンプルな味付けにしてソースもつけずにそのままお肉の美味しさを堪能できるのは、それだけこのお肉の質が良いから。少し歯ごたえを感じる表面と感動的に柔らかい中心部のコントラストや、焼きあがったお肉の香ばしさも含め、ブロシェットならではの美味しさがあると感じました。この部位ならばフィレ肉の中でも比較的リーズナブルになので、ヘルシーミートとして積極的に頂きたいと思いました。


お肉をマリネして


グリルでさっと焼く


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 2



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「串焼き」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソースを使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「マリネをした料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「バーベキューBBQ」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ&ベーコン
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る