エゾ鹿肩バラ (蝦夷鹿)【肉と脂の美味さ堪能塊肉】

5.00 (14件のレシピ)

投稿者:S 神奈川県 duck様  [レシピ]
投稿日付:2022/02/28 15:02

温かく、さっぱりとしたスープを作りました!!


有機ビーツが手に入り、
鮮やかな深紅色の鹿肉スープを焚いてみました。
 
グルメさんのエゾ鹿肩バラは、
  ●クセが感じられず、
  ●シンプルな料理にも合い、
    食べやすい鹿肉です。
 
火を通しただけでは硬いお肉ですが、
時間をかけて塩胡椒でマリネし、
煮込むことで、
ホロホロとお肉がほどけるほど、
野菜と煮込むと、
特別な調味料を使わなくても、
美味しくいただけると思います。
 
トマトの甘味、
ザワークラフトの酸味、
ビーツの甘味?も、
お肉の味わいを深めているようです。
 
スープの素は何も使わなくても、
  お肉から美味しい出汁がでます。
 
 
◇◇◇エゾ鹿肩バラのビーツ煮◇◇◇
 
【材料】
 
◆エゾ鹿肩バラ ・・・・・・600g位
◆塩・・・・・・小2
◆胡椒・・・・・・少々
◆オリーブオイル・・・・・・大2+大1(野菜炒め時に加える)
◆玉ねぎ・・・・・・大1個
◆人参・・・・・・100g位
◆ニンニク・・・・・・3かけ
◆ローリエ・・・・・・2枚
◆お水・・・・・・5C
◆白ワイン・・・・・・大2
◆カットトマト缶・・・・・・1缶
◆ザワークラフト・・・・・・200g
◆ビーツ・・・・・・2個
水洗いして、土を落とし、皮をむかずに1時間蒸し、その後皮を剥き、好みの柔らかさにして拍子切りにしておきます。
 
【作り方】
 
1.解凍したお肉に塩胡椒をかけて、ビニール袋に入れて密封し、1週間冷蔵庫でねかせます。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、骨に面していた凹凸の面を下にして、中火で焼色を両面につけていき、圧力鍋に移し、
3.オリーブオイルを追加して、スライスした野菜を炒め、鹿肉の焼き汁を野菜に吸わせ、圧力鍋に移し、白ワイン、お水、ローリエ、カットトマトを入れて強火にします。
4.沸騰してきたら、火を弱め、軽く灰汁を取り、蓋をして圧力がかったら、3分圧力をかけて自然放置します。
5.上層に浮いている脂を救い味を調え、ビーツとザワークラフトを加えて温めて器に盛り、ローズマリーを飾って出来上がりです。

1週間冷蔵庫で塩漬けしたお肉


凹凸面から焼き始め


香ばしく焼き色をつけて


お肉から出た焼汁を野菜に吸わせ


圧力鍋で煮込んで


加熱しすぎると色がとぶビーツは最後に加えて


深紅色の鹿肉スープ!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 5

1kgあたり2,600円
1個 平均779円

5.00 (4件)

VS5005F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「塊肉(ブロック肉)を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「スープ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理,合う料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「圧力鍋」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「豆類を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「マリネをした料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)