エゾ鹿(蝦夷鹿)肩バラ肉【肉と脂の美味さ堪能塊肉】 のレシピのご投稿

5.00 (3件のレビュー)  

S神奈川県在住のduck
[レシピ]  いただくと、体温まる鹿シチュー。 何故か? 寒さを感じる冬が、 一番美味しい?ようです。 多めに作り、 シチューとパイシチューで、 いただきました!! 肩バラ肉といっても、 深く鮮やかな赤色をしたお肉が、 大部分を占め、 ......続きをみる
投稿日:2019/01/05 文字数:1060 評価:★★★★★   参考になった方の数 2
G神奈川県在住のduck
[レシピ]  『塩漬けにして→煮込んで→FPにかけて』鹿肉のスプレットを作ってみました!! ジビエの季節が終わり、温かい煮込み料理はお休み?ですが、 きりっと冷えた白ワインや、スパークリングに、 作っておけば、いただける “鹿(バラ肉)のスプレット”を作りました。 ......続きをみる
投稿日:2013/05/13 文字数:994 評価:★★★★★   参考になった方の数 96
S神奈川県在住のduck
[レシピ]  煮こむほどに柔らかくなる鹿バラ肉。柔らかくしてからオーブンで焼いてみました!! 鹿の挽肉(赤色)をプラスして、鹿のバラ肉(白色)の2色巻き蒸しローストというところでしょうか? 鹿のローストと言えば、赤みの柔らかい部位をレアまたはミディアムでいただくの......続きをみる
投稿日:2011/02/20 文字数:1212 評価:★★★★★   参考になった方の数 166
東京都在住のまりお様
[レシピ]  前回、蝦夷鹿の挽肉を購入いたしまして、とても美味しかったので今度はバラ肉を購入させていただきました。 早速、味見でお肉を薄くそいでソテーしてみると、挽肉のときにはあまり感じなかった鹿独特の旨みを発見。 口の中でお肉の甘みがほんのり漂う感じ。肉の味そのもの......続きをみる
投稿日:2009/05/31 文字数:1149 評価:★★★★★   参考になった方の数 156
S神奈川県在住のduck
[レシピ]  寒さが応える冬は『煮込み料理』が温まっていいですよね。 『牛バラ肉』→『鹿バラ肉』に変えて圧力鍋を使ってシチューに初挑戦しました!! いつもと同じ赤ワイン、デミグラスの味付けなのにお肉を変えるだけで、ひと味違った料理になりました。 写真で見ての通り、こ......続きをみる
投稿日:2008/12/28 文字数:764 評価:★★★★★   参考になった方の数 202
愛知県在住のyoko様
[レシピ]  まだ蒸し暑いころでしたが、こっくりした濃い味の煮込みがふと懐かしくなって注文しました。 定番の赤ワイン煮込みです。 そのころ家庭菜園でたくさん採れていたトマトを多めに入れて煮込みました。そのためか、使ったワインのせいかわかりませんが、若干酸味の強い仕上がりで......続きをみる
投稿日:2009/09/20 文字数:526 評価:★★★★★   参考になった方の数 148
B東京都在住のマンボともぞう様
[レシピ]   届いた鹿のバラ肉は想像以上に薄く、さすが野山を駆けまわると、一番脂肪がつくところも少なくなるんだなあと、我が肉体と比べて妙な感心をしてしまいました。とはいえ、赤身と脂肪が綺麗な層をなしていて、いかにも煮込み料理向けの風情。今まで食べたことがある鹿はというと......続きをみる
投稿日:2012/09/03 文字数:947 評価:★★★★★   参考になった方の数 129
B東京都在住のぴょんきち様
[レシピ] 暑くて夏バテ寸前の中、ちょっぴり涼しい日があったので、ここぞとばかりに蝦夷鹿を回答してシチューを作ってみました。...レビューをみる
投稿日:2011/07/22 文字数:56 評価:★★★★★   参考になった方の数 134
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る