青ラベル3ヶ月熟成羊乳チーズ(カット)【3ヶ月熟成のマイルドな風味】

5.00 (12件のレシピ)

投稿者:S 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/05/27 21:02

新玉ネギの季節になりました。新鮮な玉ねぎと香り高い羊ミルクのチーズを使って作ってみたのは、以前フランスの市場で食べたことがある玉ねぎのガレットです。じっくりと焼いて甘みを出した玉ねぎとチーズの香りが一体となって、素朴ながらも忘れられない美味しさでした。シンプルな材料で作るからこそ、チーズの質が大切になります。休日のブランチや軽めのランチにおすすめです。

 

玉ネギのガレット

  1. グレーターの荒いところでチーズをおろす。同じ穴を使い、玉ねぎもおろす。包丁で作る場合は、粗みじんにした後、一部をすりおろすなどして玉ねぎの繊維をつぶして水けを出し、大きさを不ぞろいにする。
  2. 玉ねぎ2に対してチーズ1の割合で混ぜ、塩一つまみを入れて水分を出し、つなぎとして少量(スポーン2杯程度)の小麦粉も加える。
  3. フライパンをできるだけ小さい火にかけ、薄く油を引いたらタネをスプーンですくって入れる。
  4. そのままじっくりと片面を20分ほど焼く。(焦げないように限界まで弱い火加減で焼く)
  5. 20分後、返してもう片方も同様に15分ほど焼く。
  6. 玉ねぎが透明になり、甘い香りがしているようなら火から下ろして供する。

 

感想:

焼いている最中から、チーズのとても良い香りが漂っていました。玉ねぎは良く火が通って甘味の出ている部分と、しゃっきりとした食感の残っている部分とが混じっており、しゃきしゃきとろりとした食感がたまりません。チーズも表面の香ばしいところと中のとろりとしたところではそれぞれ香りが違いますが、特徴的なミルキーフレーバーが全体をよくまとめている気がします。焼きたて熱々の美味しさは格別でした。たっぷりとチーズを入れることで、チーズ自体もつなぎの役割をしてくれます。目安は、玉ねぎ2個に対してチーズを1/3から半パックほど使用する感じです。とにかく弱火で、ゆっくりじっくりと焼きながら水分を飛ばし、玉ねぎの甘みを引き出すように仕上げていくのがコツです。


チーズをおろします


玉ねぎもたっぷりと


じっくり焼きます


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 5



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「フランス料理/風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「フライパン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「チーズを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
世界屈指のワイン醸造家ベンハミン・ロメオ
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページのトップへ戻る