ラムランプ肉(2個入)【ジューシー柔らか!ステーキ・ローストに!】

5.00 (11件のレシピ)

投稿者:S 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/03/29 00:29

ローストにするつもりで解凍していたこのお肉でしたが、急にカレーが食べたくなり、メインのお肉として使われることになりました。久々に作るインド風レシピのカレーです。

 

ラムマサラカレー

  1. ラム肉は4-5㎝角にカットし、重量比1%の塩とケバブ風スパイス、ジンジャーパウダー各大1、おろしにんにく1かけ分、ヨーグルトまたはホエイ大2を加えて1時間ほどマリネしておく。
  2. その間に、ココット鍋にたっぷりとギーを溶かし、粗くおろした玉ねぎ2個分としょうが親指大3個分、ニンニク3かけ分を弱火でじっくりと炒めていく。
  3. 玉ねぎに火が通り、分量が半分ぐらいになってきたら、カレー粉大3、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダー各大1、とクミンホール小さじ1杯分を加え、香りが立つように炒める。
  4. ココナッツミルク2カップと水半カップ、練りごま100g、クローブ5本、カルダモン4-5個を入れて煮る。
  5. マリネしておいた肉の表面にオイルをスプレーし、焼き網で表面が軽く焦げる程度までグリルする。
  6. 焼いた肉をカレーソースに投入し、20分ほど煮る。
  7. 味を調え、好みでガラムマサラなどを足す。
  8. ボウルに盛り付け、生クリームをかける。
  9. ライスと一緒に供する。(粘りの少ない品種のお米が良い)

 

感想:

ライスに合うように、ココナッツミルクと練りゴマの甘みとコクを生かしたとろみのあるソースに仕上げました。口当たりのマイルドさや甘い香りと、ケバブ風スパイスとジンジャーがもたらすガツンとした辛さのコントラストがラム肉の美味しさを引き立てます。唐辛子よりもジンジャーの辛味を強めに出すことで甘い香りのスパイスとのバランスを取っています。

このラム肉は煮ても全く固くならず、とてもジューシーです。もちろん、予めヨーグルトを使ってマリネすることで柔らかさを保つ工夫もしてあります。しっかりグリルされたお肉の香ばしさがたまりません。お肉を焼いている時からスパイスの混じった良い香りが漂っていて、思わずつまみ食いしたくなるほどでした。こちらで購入したケバブ風スパイスは、そのまま使うだけでなく、カレーパウダー等を手作りする時のベースにも重宝しています。今回もお肉のマリネの時に活躍してくれました。

こうしてカレーを頂くと、やはりラム肉とスパイスがとても良く合うことを改めて実感します。肉の香りとスパイスの混じったフレーバーが、何とも言えない複雑な奥行きをソースに与えるのです。牛肉ほどの重さはなく、でもしっかりとお肉としての存在感と旨味がある。また、煮込んでも固くなりにくいところから短時間でさっと仕上げられるのもラムの利点の一つだと思います。


お肉をマリネします


粗くおろした玉ネギを炒めて


スパイスを加えてさらに炒める


お肉を焼きます


ソースに投入


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 34



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「塊肉(ブロック肉)を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「煮込み料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「カレー料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ココット/ルクルーゼ/ストウブ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「マリネをした料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ケバブ風スパイスを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)