合鴨骨付きモモ肉(チェリバリー種)《2本入り》

5.00 (8件のレシピ)

投稿者:G 東京都 shiki様  [レシピ]
投稿日付:2018/03/12 11:48

チェリバリー鴨の合鴨を食べてみたくなりこちらで注文しました。

日本人の好みでさっぱりしているというので、塩コショウだけでローストしてみる事にしました。味に変化を付けるためにも玉ねぎとパプリカを炒めてコクと甘みだして

下に敷いてみました。

●チェリバリー鴨のロースト・玉ネギとパプリカ添え。

 

材料:2人前

合鴨骨付きモモ肉(2本入り)チェリバレー種

パプリカ大1個

玉ネギ大1個

アスパラ2束

ジャガイモインカの目覚め4個

塩コショウ

オリーブオイル適量

飾用に輪のフェンネル

 

作り方


鴨を氷水から自然解凍して、室温までしっかり慣らします。

これに塩コショウ&オリーブオイルを手で揉みこんで10分ほど置いておきます。

オーブンを180度に温めておき最初に20分焼き、最後に200度に上げて10分焼きます。

これで皮がパリパリに仕上がります!

さて、鴨をオーブンに入れている間に、皮つきのままジャガイモを茹でて、

アスパラはシリコンスチーマーで3分蒸し焼きにします。玉ねぎの皮を剥いて

細い櫛切りにしたら、パプリカの千切りも用意します。一緒に炒めるとパプリカ焦げますので

まずは玉ネギを弱火で炒めてあめ色にします。この後にパプリカを投入してしんなりするまで

炒めます。これを軽く塩コショウして味を整えて出来上がりです。

お皿の中心にこれを軽く盛りつけて、添え合わせを盛りつけ、最後にオーブンから

熱々の鴨を取りだして真ん中に置いて、庭のフェンネルを飾って出来上がりです!

 

感想

 

まずは鴨から頂きます!フォークを入れると皮がパリッと音がするぐらい良く焼けています。

一口食べると、おや!確かにジューシーですし最高に美味しいのですが、

何かがフランス産とは異なります。そうか!脂のくどさが少なくてさっぱりしているので、

美味しい地鶏の焼き鶏の塩焼きを食べているような美味しさなのですね。

そういえば焼いている時もオーブンに溶けた脂の量が少ないなぁと思っていました。

合鴨という事もあるのでしょうが、これはさっぱり系の和食にも合いそうですし、

下の甘い玉ネギとパプリカと食べてもお肉の旨さが引き立ちます。

なるほど、次回からのメニューつくりの参考になりました。

ご馳走様でした!;(


シンプルな材料


玉ネギを良く炒めてからパプリカを炒めます


美しいで来上がり!


アップ!いただきま~す!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 13

100gあたり 198円
1個 約 1,089円(税別)


IG3003F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「骨付き肉を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「焼く/ローストする」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「蒸し焼き」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「芋を使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る