牛肩バラ肉煮込み用ネット巻き (ニュージーランド産ナチュラルビーフ)【カレー・シチューの定番!】

5.00 (19件のレシピ)

投稿者:G 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2017/06/08 14:58

市販のデミグラスソースを使わずにビーフシチューを作ろうとするとなかなかに手間がかかるのですが、家にある素材で気軽にビーフシチュー風のものを作ってみました。

 

ビーフシチュー風牛バラ煮込み

  1. 解凍した肉に塩胡椒を多めに振り、バターを溶かしたフライパンでしっかり焼き色を付ける。
  2. 肉が焼けたら取り出し、残った脂で、小さめに切った玉ねぎ2個、セロリ1本、人参1本分を炒める。(焦げ色が付くまで炒める)
  3. 煮込み用の鍋に先ほど焼いた肉と、炒めた野菜を投入する。
  4. 空になったフライパンに赤ワイン1/2本を注ぎ、半量程度に煮詰める。
  5. 煮詰めたワインを鍋に入れる。
  6. バルサミコ酢大2、ざく切りのトマト2個分、ローリエの葉2枚を入れる。
  7. 蓋をして、弱火で2-3時間煮込む。
  8. 火を止め、そのまま冷めるまで放置する。
  9. 肉を取り出し、ネットから外して4等分する。
  10. 煮汁からローリエの葉を取り出した後、フードプロセッサーにかけてピュレ―状にする。
  11. 鍋に肉とソースを戻し、バター10グラムを加え、味を調える。(塩と、好みで糖分)
  12. 弱火で温めなおし、ブロッコリやインゲンなどを添えて供する。

今回は、そら豆の小さくて細いものをさやごと茹でて使いました。

 

感想:

デミグラスソースの原料となる香味野菜をお肉と一緒に煮込み、濾す代わりにそのまま全てピュレ―にして頂いてしまうので、野菜がたっぷりいただけます。

バルサミコ酢が入っているせいか、色合いもきれいな茶色に仕上がりになりました。

ほろりとほぐれるまでしっかりと煮込まれたお肉と、酸味の効いたソースはデミグラス煮込みと比べると軽い食べ心地で、暖かくなってきた今の時期にはこちらの方がおいしく感じられます。

牛肉の煮た料理が好きで、季節を問わずよく作るのですが、こちらのネット巻きはお肉と脂肪のバランスが良く、肉の味もしっかりと濃くて気に入っています。


お肉と香味野菜を煮込む


トマトと赤ワインも投入


煮汁と野菜をピュレ―にして


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 42



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「洋風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「塊肉(ブロック肉)を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「煮込み料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「シチュー料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)