ニュージーランド産ナチュラルビーフ超厚切りリブロースステーキ(700g以上)塩&焼き方説明書付

5.00 (9件のレシピ)

投稿者:B  東京ウサコ様  [レシピ]
投稿日付:2020/11/15 23:15

衝撃的ビジュアル!超厚切り巨大リブロースステーキ♪

【解凍~焼き】

冷凍庫の中でも別格の存在感を放っていたステーキ、とうとう焼いてみることにしました。至れり尽くせりのこの商品、解凍用のポリ袋までついています。同じく付属の説明書きの通りに、800gのステーキをポリ袋に入れ、発泡スチロールの箱に氷水とともに入れて解凍。芯まで解凍できたら、冷蔵庫で丸一日休ませます。

フライパンに油を熱して、お肉を焼いていきます。慌てず、表裏・側面と順に焼き色を付けていきます。側面は、フライパンのカーブも利用しつつ、お肉を立てて焼きました。牛肉の何とも良い香りが漂います。途中で塩を振り、40分ほどかけて全面を焼いたら、アルミホイルに包んで10分ほど休ませます。

カットしてみると、中のロゼ色が美しい焼き上がり!何しろ大きいので、たっぷりスライスして、付属の塩とワサビで思う存分堪能しました。牛肉の旨味が最高です!

【保存用・追加火入れ】

温かいうちに食べるならベストの焼き上がりでしたが、到底1食では食べきれませんので、残った肉を塊のまま100℃のオーブンに入れ、もう少し火を通し、アルミホイルに包みます。冷めてから冷蔵庫に入れました。

【脂身部分で・ガーリックチャーハンステーキ丼】

脂身の多めの部分は冷やしたことで固まっていますので切り出し、角切りにします。フライパンにこの肉、ニンニク、エノキタケを入れて炒め、ご飯を加えてネギも加えたガーリックチャーハンに。お皿に盛ってから、赤身部分のスライスをたっぷり載せて、ガーリックチャーハンステーキ丼!これもまた贅沢!

今回は日常生活の中で焼いたので、800gの肉を数回に分けて食べましたが、人が集まるときにも絶対に喜ばれるメニューだと思います。ステーキを焼くのに必要なグッズが付いてくるのも、慣れないサイズのステーキを焼くのに、ありがたいサービスでした。


あまりに巨大で、なぜか笑いがこみ上げてきます


側面を焼くときも、自立してます。フライパンのカーブを利用して、脂身部分はしっかりと焼きます。


綺麗なロゼに焼きあがりました。温かさが残るうちに、塩とワサビで。


脂身多めのところは、角切りにしてエノキ、ニンニクとあわせてチャーハンに。


盛り付けたチャーハンに、更にスライスしたステーキをたっぷりと。

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 2



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「塊肉(ブロック肉)を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ステーキ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「オーブン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ご飯/米を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「炒飯/チャーハン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「〆の料理など」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ&ベーコン
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2021年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る