ガチョウのフォアグラ(カット)フォアグラ・ド・オワ《約30g×2枚》 ハンガリー産

5.00 (1件のレシピ)

投稿者:B 兵庫県 TOMMY15様  [レシピ]
投稿日付:2019/07/04 10:24

そう言えば、フォアグラ丼て作ったことなかったなと思い

挑戦してみました。

フォアグラだけで、当然美味しいのでしょうが、

ご飯とフォアグラをつなぐ何かを考えていて・・・

軽めの味付けにした肉みそに決めました。

 

< フォアグラ丼 >

★ 材料、作り方

フォアグラ・ド・オア  30g  2枚

 冷蔵庫で解凍、焼く直前まで冷やしておく。

合い挽き肉       150g

大根  角切り    7cm分くらい

 軽く塩して15分おき、水分をきる。

ニンニク、しょうが  みじん切り  適量

豆板醤        小さじ1

甜面醤        小さじ2

酒          大匙1

砂糖         お好みで

醤油         小さじ2くらい

 

グルメソムリエさんの「カリッと焼く方法」に従いました!

フォアグラに軽く塩、胡椒して、

少量の油(今回は、ココナッツオイル)を入れたフライパンを良く温め、

フォアグラを入れる。

両面焼き色付いたら、火を止め、フォアグラを取り出す。

フライパンが落ち着いたら、フォアグラを戻して蓋して余熱で火を入れる。

 

その間に肉みそを作る。

別のフライパンにオリーブオイルを少量入れ火にかけ、

まずは、ニンニクとしょうがを、香りが立ってきたら、

ひき肉を入れて中火で炒める。

豆板醤、甜面醤も加えて炒め、大根も加える。

大根に火が通ったら、酒、砂糖、しょうゆで味を調える。

 

玄米、肉みそ、フォアグラ、を盛り付け、

フライパンに残ったフォアグラの脂も回しかける。

 

さてさて、初のフォアグラ丼。

フォアグラの焼き加減はバッチリです

外はカリッと、中は、しっとり柔らかく、絶妙な日の通り加減です。

肉みそは、あえて、大根も加えて、パンチを効かせず控えめな仕上がりにしたので、

フォアグラの味、香りを邪魔せず、

玄米と一体となって、全体を一つにまとめています。

甜面醤の甘味のある味噌味とフォアグラ合いますね。

ボリュームも出て、フォアグラをしっかり楽しめる一品になりました。

ごちそうさまでした。


軽く塩コショウして


フライパンで焼く


お皿に盛り付けて


頂きます!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 2



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「丼物」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「中華料理/風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ご飯/米を使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る