合鴨骨無しモモ肉(チェリバリー種)【蕎麦の出汁や鍋物に最適】

4.58 (12件のレシピ)

投稿者:B 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/11/26 00:25

少し寒さを感じるようになってくると鴨肉が恋しくなります。お店のラインナップの中では、こちらのお肉が一番手ごろで扱いやすく、我が家では鶏のモモ肉の代わりに愛用しています。この前の休日には、このお肉を照り焼き丼にしてみました。

 

合鴨の照り焼き丼

1.  室温に戻した肉は、皮目を下にしてフライパンに並べ、弱火でじっくりと脂を出しながら焼いていく。

2. 脂が出てきたら、7㎝ほどの幅に切ったねぎを一緒に焼く。

3. 15分ほどじっくりと焼き、皮にきれいな焼き色が付くと共に上側の肉の方も色が変わってきたところで(八割方火が通った感じになったら)肉を返す。

4. みりんとたまり醤油を好みの割合で加え、火を中火にして煮立たせながら肉とねぎに絡めていく。

5. 肉にたれが絡まったら火を止め、数分おいて肉を休ませてからカットする。

6. 器にご飯をよそい、切り分けた肉とねぎをのせる。

7. フライパンに残ったたれをひと煮立ちさせて軽く煮詰めるようにしながらとろみを出し、肉とご飯にかける。

 

感想:

焼いている最中から鴨油の甘い良い匂いが漂い、食欲を刺激します。弱火でじっくりと焼いて甘みが出たねぎのとろりとした食感もたまりません。

お肉には適度な噛み応えがありますが、硬いというほどではありません。甘辛い味付けとお肉の相性は抜群で、鴨の旨味が溶け込んだタレの染みたごはんの美味しさも格別です。

丸ごと一枚を焼いてから切り分ける照り焼きだと、お肉の旨味が逃げないうえ、中心と外側で味の濃さが違うので味わいに奥行きが出る気がします。鴨脂には自然な甘みを感じるので、タレの比率はみりんを控えめにして、甘くなりすぎないように調整するのが好きです。

この照り焼きはとてもシンプルですが、和風の味付けと鴨肉の相性の良さを再確認できました。


鴨の脂でネギも焼いて


醤油とみりんを絡めます


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 2

100gあたり 180円
1個 約 774円(税別)

4.55 (11件)

IG3002F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「丼物」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ご飯/米を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「照り焼き」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「和風」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る