スタッフおすすめ♪
原料肉/羊腸豚腸/網脂/豚皮 自家製ハム・ソーセージ用食材
スペインワイン/自然派(ビオワイン)
セミハードチーズ・モッツァレラチーズ
スペイン産生ハム/ハモンイベリコ/ハモンセラーノ/サラミ
イタリア産生ハム/パルマ/サンダニエレ/プロシュート/サラミ
ドイツソーセージ/イベリコソーセージ/ハンバーグ
イベリコ豚ベジョータ
フォアグラ/鴨肉/シャラン鴨 マグレカナール/コンフィ/合鴨
おすすめギフト/セット
ラム肉/マトン/ジンギスカン ラムハツ/ラムレバー/火鍋
和牛/仔牛肉/ほほ肉/トリッパ リードヴォー/骨付き肉
地鶏/七面鳥/ホロホロ鳥   ピジョン/ウズラ/ウサギ肉
桜肉/馬刺し
エゾ鹿・猪肉・ジビエ
国産のグルメミート
輸入食材・高級調味料
お肉に合う天日塩/天然の塩 オーガニックの自然の塩
料理・キッチングッズ
オーガニックの食材
まとめ買い・業務用ケース販売
レビュー賞プレゼント賞品
おすすめの使い方で探す
ご案内
ご注文について
 
本日は08月02日(土)です。只今のご注文の発送は08月04日(月)からになります。営業日15時までのご注文は代引きで即日発送致します。

≪煮込むだけ≫アイスバイン・オリジナルマリネ

 
皮周りのプルプル感と骨周りのお肉が美味しい、アイスバイン。一緒に煮込んだお野菜も美味しいですよ。
丁寧に1本づつマリネしてありますので解凍してすぐに調理できます。
アイスバインとはドイツの代表的なお料理の一つで
一口で言えば豚の骨付きすね肉を塩ゆでしたもの。
タマネギやセロリなどの香味野菜とクローブなどの香辛料を数時間煮込んで作るお料理です。

ただ煮込むだけのお料理と思いがちですが、下準備の段階に少々お時間がかかります
それはお肉に下味をつけて1週間くらい漬け込む作業があるからです。
食べたいと思ったら、一週間くらい前から準備しないと召し上がることができません。

でも、このアイスバイン(煮込むだけ!オリジナルマリネ)は名前の通り、煮込むだけです
面倒な下ごしらえはすべてグルメミートが致しました。
だから、食べたいと思ったら前日から解凍し煮込むだけです。
そしてこのアイスバイン、あったかくても冷たくても美味しいんです。
熱々の煮込み料理が恋しい日なら、
あったかバージョンで根菜と一緒に煮込んではいかがでしょう。
じっくりと煮込んだアイスバインはほろほろと骨から肉がはずれ、コラーゲンタップリの肉質はコックリとした美味しさです。

そして、煮込んでできたスープは冷やしても美味しく召し上がれます。
もちろん、お肉も骨からはずして冷やし、
ハムのようにスライスすれば洒落た味わいのおつまみに変身しちゃいます。
くにゅくにゅした食感が楽しい、コラーゲンタップリのおつまみの出来上がりです。

下ごしらえ無しの簡単に込むだけのアイスバインは
お天気が替わりやすい季節にもってこいのグルメミートです。
10日間、じっくり氷点温度で熟成マリネしました。お野菜と煮込むだけでコラーゲンたっぷりの本格アイスバインをお楽しみいただけます!
アイスバインの煮込み方

≪材料≫

  • アイスバイン・マリネ
  • マリネ液に入っていたローレル・クローブ
  • 香味野菜(セロリ・たまねぎ・にんじん・にんにく等)
  • 水・塩

≪下準備≫

  • アイスバイン・マリネを 解凍してさっと水で流します。
  • マリネ液の中のローレル、クローブも同様に水でさっと流します。
  • 香味野菜は適当な大きさに切っておきます。

≪作り方≫

  • 深鍋にアイスバイン、ローレル、クローブ、香味野菜を入れ、水を材料がかぶるくらいに加えて火にかけます。
  • 沸騰したらあくをとり弱火にします。
  • 煮汁が濃い目のスープになるくらいに塩を加えて、時々あくをとりながらアイスバインが柔らかくなるま2時間半~3時間煮込みます。
  • 一旦火をとめてそのまま冷まします。(湯の中に溶け出した肉の旨味成分を肉に戻すため)
  • 食べる直前に温め、ザワークラフト・マッシュポテト・マスタードを添えていただきます。
  • ※ザワークラフト、こうすると美味しい!
    スライスオニオンと細切りのベーコンをフライパンで炒め、ザワークラフトを加え白ワインをひたひたに注ぎ、水分が無くなるまで煮詰めて塩コショウで調味します。

≪アレンジ・・・アイスバインの冷製≫
  • 煮あがったアイスバインが熱いうちに骨をはずします。
  • サランラップの上に肉をのせて、くるくると巻き、ラップの両端をしっかり結んで冷まします。
  • 薄切りにして盛り付けます。

*皮のゼラチン質とお肉のハーモニーが何とも言えない美味しさです!煮汁で作ったアスピックゼリーを添えればちょっとした前菜になります。
ぜひお試し下さい。

スタッフ@試食感想

★★アイスバインの冷製★★

【まつなが】
臭みはまったく無い、高級オードブル品です。豚肉の旨みが凝縮されたような仕上がり。とても濃厚だが、ゼラチン質の食感と独特の旨みが後を引く美味しさ。

【たかはし】
塩気はちょうど良い感じですが、もともとスネとか好きではないので、後味に残るスネの香りが少し気になります。

【どうめき】
塩分も丁度良く、何とも言えない、クセになる味です。美味しいです♪

【よこた】
塩分も丁度良く、何とも言えない、クセになる味です。美味しいです♪

【はみんぐ】
皮と肉と腱のゼラチン質のところが1枚のスライスですべて味わえるのが面白い。粒マスタードで酸味を少々加えて食べたい。
さっと湯掻いて冷やしたセロリと一緒にサラダ仕立てにして食べると美味しそう。

【いとう】
熱々で食べるとゼラチン質がトロトロプルンとして美味しいアイスバイン、冷やしても新しい美味しさ発見です!こちらはゼラチン質がくにゅくにゅした感じで、皮とゼラチン質とスネ肉のそれぞれの違った味わいを楽しむことが出来ます。
程よく利いたスパイスがスネのクセも消して、上品な前菜の一品になると思う。スープでアスピックゼリーを作ってもいい。

【ぐるタム】
皮、スネの肉、筋、骨の周りの肉など様々な味のある部位がそれぞれ調和がとれていて味わい深い。クセは全くなく高級なロースハムのように上品な味で、それでいてロースハムより多彩な味わいを楽しめる。カットしたあとに常温でなじませることでさらにまろやかな味わいになる。


オリジナルマリネ液でじっくり氷点マリネしました

グルメミートワールドの<オリジナル・マリネ>美味しさの秘密!

  1. 真空状態でマリネするから、お肉全体に均等に味が浸透し熟成しやすくします。
  2. すぐに冷凍はしません。専用熟成庫でお肉に合わせてじっくり氷点熟成させますので肉の味を引き出し肉を柔らかくします。氷点熟成させたお肉は解凍後の日持ちも良く美味しさが持続します。
  3. 液体凍結機で新鮮なまま高速冷凍。お肉の繊維を破壊せず解凍時のドリップも少なく抑え、美味しさを逃がしません。解凍することでいつでも最高の状態で調理することができます。

スパイスをふんだんに使ったオリジナルマリネ液。


ローレル・クローブをはじめ7種類のスパイスを使っています。


氷点温度の専用熟成庫で10日間マリネ。

毎日表裏を返してムラ無くマリネさせます。
解凍するための一番よい方法は、氷水の中で解凍する方法です。2重にしたポリ袋(ビニール袋)にパックのまま入れ、空気をなるべく抜いて輪ゴム等で口を縛ります。 発泡スチロールの箱やボール等に氷水を用意しまして、水にすべてつかるようにして解凍します。
※浮き上がる場合は重しをのせてください。 やむを得ず冷蔵庫で解凍する場合もパックの表面を水にくぐらせてから解凍してください。解凍が早くなります。
ご家庭の冷凍庫に保存する場合には、ラップやジップロックで密封の上、新聞紙やエアークッションなど断熱効果があるもので包んでから冷凍庫で保存します。冷凍庫の開け閉めによって庫内が温度上昇した際も、肉表面の温度上昇をある程度防いでくれ、日持ちがします。
※一度解凍したものを再冷凍することはお避け下さい

この商品のレビュー

 投稿者:G 東京都 りら様
投稿日付:2011/07/11 21:47

アイスバインと豚耳を使ったテリーヌ。
冷やしても美味しいお肉メニューの提案』という記事を見て、作ろうと思い立ちました。
冷やすだけで凝る自然のゼリーの中に、弾力ある皮・歯切れのよい肉・コリコリの軟骨と、とりどりの部位が散りばめられて食感も見た目も宝石箱。
刻んだピクルスと叩いたピンクペッパーが、色と味のアクセントです。

作るのに時間がかからないとは言いませんが、下ごしらえ済みの『≪煮込むだけ≫アイスバイン・オリジナルマリネ』と『豚焼き耳』を使えば手間はかなり軽減されます。
できあがったら、ラップにきっちり包んで冷蔵庫のチルドに入れておくと4〜5日(私個人の感覚ですので日数はそれぞれご判断ください)は楽しめるので、2日がかりでお料理をする甲斐もあり。

ソースとしたのは、湯剥きして皮と種を除いたトマトの角切りに、ニンニクオイル(ニンニクのみじん切りを、オリーブオイルの中でややしんなりするくらいに火を通しておきます)と、ちょっとよいオリーブオイルを混ぜたもの。好みによってはビネガーを加えても。
マスタードは大粒の、はちみつとアップルビネガーたたっぷり入った甘いタイプを選びました。
でもディジョンマスタードをつけるだけでも、ドレッシングを振りかけるだけでも、あるいはマヨネーズベースのタルタル風のソースでも、または何もつけなくてもおいしく食せます。

涼感溢れる前菜としてはもちろんのこと、スープとパンを合わせれば充分にメインとなるお料理。
アイスバイン丸1本と豚耳1袋を使っているから、うちの巨大なテリーヌ型(1500cc)を埋め尽くす量ができあがりました。
レストランではありえないほどの厚切りにして、冷蔵庫であらかじめ冷やしたお皿に盛って白ワインとともにたっぷり食せば、その贅沢感に気持ちもゆったりと涼やかに。
夏には絶対的におすすめのテリーヌです。
 



  ◎作り方

【アイスバインを煮込む=1日目】
・解凍したアイスバインを洗って鍋に入れ、白ワイン少々と水を注いで火にかけ、沸騰したらアクや脂をすくいとる。
・アクの出方が落ち着いたら、ローリエとクローブ(この2つはアイスバインのマリネ液に入っているものでもよいです)、パセリの軸、セロリの葉、粒コショウなど好みの香辛料を投入。香辛料はお茶パックの中に入れると楽。
・蓋をして、時々アクを取りつつ1時間半前後煮込む(鍋と火力により時間は加減してください)。

【豚耳を加えて煮込む=1日目】
・耳はよく洗い、別鍋に丸ごと入れて水から茹でる。沸騰したら湯をこぼして再度洗い、もう一度水から茹でて沸騰したら再々度洗う。(のちほど煮込む際の煮汁をゼリーにするため、下処理を念入りにしましたが、和え物などに使うなら下茹で不要なほど臭みのない耳です)。
・洗った耳を根元・中間・耳先の3つに切り分け、アイスバインの鍋に加える。
・スープキューブを1〜2個加えて30〜60分ほど煮込み、そのまま冷ましてから冷蔵庫に入れて一晩寝かす。

【煮汁の味を調える=2日目】
・翌日、煮凝った表面の白い脂を取り除く。このとき煮凝りの固まり具合を見ておく。
・火にかけて煮凝りが溶けたらアイスバインと豚耳を取り出す。
・香辛料の袋も取り出し、煮汁をザルでざっと漉す。マディラ酒を入れて(なしでもOK)沸騰させ、煮凝ったときに好みの固さになるように煮詰める。(場合によっては粉ゼラチンで濃度を補ってもよいですが、たいていの場合はなしで大丈夫なはずです)。
・煮汁の味を、フォンドヴォー(なしでもOK)、ヴィンコット(なしでもOK)、塩、コショウなどで整え、火から下ろしておく。

【刻んで型に詰める=2日目】
・ピクルスは適当な大きさに刻み、ピンクペッパー(なしでもOK)は肉たたきなどで軽く一叩きしておく。
・アイスバインと豚耳は1センチ角くらいに刻む。型に詰めるときに各部位が均等になるよう、アイスバインの肉・皮・脂肪、耳の先・中間・根元と、区分けしてバッドなどに置く。好みによっては耳の厚い皮やアイスバインの脂肪を少し取り除く。
・テリーヌ型に煮汁を少し入れて冷蔵庫(うちでは「熱もの冷凍」という温かいものをすぐ冷やす機能を利用。すぐに冷えます)で固める。刻んだ肉類とピクルスとピンクペッパーを、切り分けたときに部位が均等になるように半分くらい詰め、煮汁をやや少なめに注いで固める。残りの肉類を詰め、煮汁を注いで固める。
・更に煮汁のみを注いで固め、よく冷やしておく。

【サーブ=2日目から】
・型をお湯にさっとつけ、テリーヌを取り出す。
・適当な厚さに切って、冷やしておいたお皿に載せ、好みのソース、マスタード、オニオンスライスなどを添えて供す。



商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 75
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 神奈川県 パンジー様
投稿日付:2008/03/23 20:57
以前はマリネしていないものをプレゼントで頂きがんばってソミュール液に10日程漬け込み、と頂くまで待ち遠しい毎日を過ごしましたが今回はホントに楽チン!
マリネ液の香りも自然でとても好みです。これなら絶対に美味しく出来上がるだろうという香り。
お野菜と新たにクローブとベイリーフを新しく加えて煮込みました。
お勧めの冷製は是非試したかったのでそれをメインに作りました。
コラーゲンたっぷりでなかなか味わえないブリブリの食感に次の日の肌を楽しみに完食いたしました。
くずれたお肉はアスピックで見た目も綺麗でお客様を呼びたくなる仕上がりで家族みんなに喜んで貰いこんな手軽で作れたなんて言えなくなりそうでした。
材料
アイスバイン 1パック
クローブ 3個
粒黒胡椒 小1
ベイリーフ 一枚
玉ねぎ 小2個
人参 小2本

作り方
1.アイスバインは冷蔵庫で解凍してそのまま2日程寝かしておきます。
2.水ですすいだアイスバインと皮を剥いてだけでそのままの形の玉ねぎと人参、新たに用意したクローブとベイリーフを加えて2時間程コトコト煮ます。
3.お肉が熱いうちに骨から肉を外してチーズを挟んでクルクル巻いてラップでしっかり巻いて冷蔵庫で冷やします。

一日冷蔵庫で寝かしたハムはプリプリ!
外側の皮は透明になってスライスしたら周りを包んでいて綺麗です。
一口かじったらプリっというよりブリンッ!!
凄い弾力。でも中はしっとり柔らかで間に入ったチーズがアクセントで美味しいですし見た目も良いですね。
残り半分は次の日に沖縄物産で購入していた生の沖縄ソバがあったのでソーキの代わりに乗せました。
もともとあばらの部分や筋の部分も使うソーキですのでコラーゲンたっぷりで食感等良く似ていて代用とは言えない位違和感なしのぴったりでした。
スープに入れたら熱でトロンととろける皮の部分とシコッとしたお肉の部分は最高です。

その他にホロホロと崩れた部分はアスピックにしました。
作り方
1.一緒に煮た玉ねぎは4等分、人参は縦に6等分にしておきます。
2.三つ葉はさっと煮汁で茹でチーズは人参と同じ太さにして型に材料を敷き詰めてきます。
3.お肉、チーズ、人参、玉ねぎ、三つ葉はバラバラにしてまたお肉という様に好きに詰めます。
4.最後に漉したスープを入れて冷蔵庫で冷やします。
今回はゼラチンなどを加えずにアイスバインのコラーゲンのみで固めたので室温に戻したらゆっくりとトロトロスープに変化していきます。
これがまた口溶けが良くて贅沢な感じです。
ゼラチンで固めたものと違い舌の上で、す~っと溶けていき冷たいスープを飲んだのかと思う様です。
見た目もジュエルの様で崩して食べるのが勿体無い感じですがお皿にはわざと崩して盛ると一層綺麗でした。
この手軽さは癖になりそうです。
このアイスバイン一つで冷製ハム、沖縄ソバ、アスピックと食感やら味わいやら違うものを3種類も頂き大満足でした。
プレゼント本当にありがとうございました。




商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 165
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者:G 東京都 ぴょんきち様
投稿日付:2011/09/12 14:08

グルメミートさんはイベリコ豚だけじゃなくって、気になる食材がい~~っぱい揃ってるのも人気の秘密★

作ったことがないお料理ってとっても興味ある~~・・・けど、あまりに手が込んでるのは躊躇しちゃうし・・なんて私にピッタリな食材を見つけちゃって思わずOrder!

届いたのが、『アイスバイン・オリジナルマリネ』

なかなか手に入らない、豚すね肉の骨付きの食材。

その上、アイスバインってとっても手が込んでそうだし・・・と思ったけど、これはもうマリネになっててあとは簡単に煮込むだけらしいので、とりあえず解凍しちゃってお料理開始

解凍すると、どどーーんと大きいすね肉がお目見えです。

これを洗って、お肉とスパイスを拾って大きなお鍋に入れてひたひたお水と香味野菜を入れて煮込んでいって出来上がり。(塩は入れています)

トータル3時間位 灰汁を取りながら、弱火で煮込んでいきましたけどとっても美味しそうなスープもできたのでこの1部でリゾットを作って一緒に頂きました。


::::材料::::

お米        1.5合

玉ねぎ   1/2個 (微塵切り)

人参     1個  (微塵切り)

サフラン   大1

塩・胡椒   少々

スープ      360cc

チキンブイヨン   大1

白ワイン   大2

塩・胡椒   少々

オリーブオイル   適量

 

:::::作り方::::::

厚手の鍋を熱し、オリーブオイルで玉ねぎを炒める。

玉ねぎが透明になってきたら、お米を洗わずに入れ炒める。

人参をいれ炒め、サフランを投入し全体に火が通ったら、白ワインを入れて全体を混ぜる。

温めたスープを2~3回に分けて入れ、チキンブイヨンを入れて1度沸騰したら火を弱め蓋をして20分。

蓋を開けて、塩・胡椒で味を調えて出来上がり!


さて!付け合せに、マッシュポテトとサフランリゾットを添えてアイスバインを頂いてみました。

塊のお肉にナイフを入れてみるとほろりと柔らかく~しかもとろりとした感触がものすごーーく美味しそう

マスタード等も添えようかと思ったのですが、マリネ具合が絶妙なのかそのままでも風味・味わいも美味しくてとろりとしたお肉がとっても美味しい

リゾットの出来具合も抜群で、コラーゲンがプラスされてるのが美味しさアップの秘訣かと思われます。

たっぷり作ったスープは、美味しさの宝庫!

これは、カレーを作らなくては・・と時期試作品も決定しちゃいました;)



商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 83
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 東京都 りら様
投稿日付:2008/11/14 01:48
「煮込むだけ!」というキャッチコピーの通り、「煮込んだだけ!」のアイスバイン。骨から滲み出る深い旨味と、溶け出したゼラチン質のなめらかさと、野菜の優しい滋味が一体となった、体も心もあたたまるポトフです。

1キロのアイスバインは骨がどっしり太く、煮込んだあとの可食部分は2人でも食べ切れるほどの量。まあもちろんこれは明らかに食べ過ぎなんですが、お肉・脂肪・皮の食感と味の違いの楽しさが、飽きずにペロリと食べられる所以でしょう。

アイスバインと野菜の味だけのスープにするつもりが、お鍋が大きかったせいで水を入れすぎました。よってちょっと薄味過ぎて、味が混ざっちゃうのはもったいないなあと思いつつ、固形スープを1個投入。でも太い骨のおかげでしっかり出汁が出ていたからか、固形スープが自然のスープの味を引き立て問題なし。そして、水を入れすぎたにもかかわらず、冷蔵庫に入れたスープは、お箸が立つほどにきっちり固まったゼリーになっていて感動でした。コラーゲンたっぷりのゼリーですもの、見るだけで気分は美肌です。


【材料】
・アイスバイン 1パック
・キャベツ 4分の1個
・じゃがいも 小4個
・タマネギ 1個
・ニンジン 1本
・セロリ 1本
・長ネギ 1本
・白菜 8分の1個
・プチトマト 10個
・白ワイン 150cc
・固形スープ 1個
・ローリエ 1枚
・マスタード、塩、こしょう 適量

【作り方】
[1] アイスバインを水洗い。マリネ液のローリエとクローブも水で洗う。
[2] キャベツは芯を軽く削り、バラバラにならないようタコ糸で縛る。白菜も同様に縛る。
[3] 長ネギは1本を3~4個に切る。セロリは筋を取り同様に切る。
[4] ニンジンは皮を剥いて縦に4つ割にする。プチトマトはヘタを取る。じゃがいもとヤングコーンは洗うだけ。
[5] 鍋にアイスバインとローリエ(添付のもの1枚に、更にもう1枚加えました)、クローブを入れ、ひたひたの水と白ワインを注いでアクを取りつつ3時間煮込む。沸騰ぎりぎり手前の火加減で煮込むと澄んだスープになります。
[6] そのまま一晩置く。さっぱり味にしたい場合は、冷蔵庫に入れて固まった油を取り除く。
[7] アイスバインを取り出して、代わりに野菜類をすべて投入。アクを取りつつ1時間ほど煮込んだら、アイスバインを鍋に戻す。
[8] スープの味をみて、固形スープ、塩、こしょうで調味。
[9] アイスバインが温まるまで煮たら、骨を抜いて切り分け、野菜類とともに大皿に盛る。(アイスバインは鍋に戻す前に切っておくほうがよいかもしれません。熱くて骨を抜くのが大変でした…)。
[10] 取り皿にお肉や野菜を分け、スープをかけてマスタードを添える。


このアイスバインは誰の嗜好にも合うような上品なマリネですが、豚スネ肉のいわゆる臭みはわずかにあります。もちろんその臭みこそがおいしさ。煮込み時に入れた、白ワインとプチトマトのほんのりとした酸味が、わずかな臭みによく合います。
次にアイスバインのポトフを作る際には、ソーセージも入れるつもりです。ドイツつながりで(?)きっとおいしい。




商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 98
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者:  bulbul様
投稿日付:2009/10/22 07:38
マリネされたアイスバインなので、あとは煮込むだけだと勝手に思っていましたが、レシピを読んでみると簡単だけど、
時間がかかることを発見!あまかった!
当初は夜遅く帰ってきたときのお手軽料理を考えていたのを、急遽早く帰ったときの手抜き料理に変更しました(笑)
氷水で解凍しておき、早く帰宅できる日が結果的に3日後だったので、それまではパーシャル室で保管。

料理当日は、レシピどおり、アイスバインとローレル、グローブを水で軽く洗い流しました。
貧乏性のためマリネ液を使用しないのは少しもったいない気がしましたが、
指につけて舐めてみると確かに味は濃く、使い勝手は難しいかもしれません。
マリネ液の色もししっかりありますので、その中にクローブが紛れて一緒に流してしまわないように注意!
早く帰宅したとはいえ平日なので、時間短縮を狙い圧力鍋を使用しました。

アイスバイン、ローレル、グローブのほか、ニンジン1本、玉ねぎ1個、セロリ1/2本を鍋に入れ、ひたひたになるまで水を入れます。
蓋を開けたまま沸騰するまで過熱し、灰汁をとったうえで、蓋をして、弱~中火で1時間。
蓋を外せるまで20分ほど待ち、中身を鍋から別容器に移し、それを氷水で冷やして、味を浸み込みさせます。
30分ほど冷やしたあと、再度加熱し、食しました。

まさにコラーゲンたっぷり!!という感じです。
味もマリネされているのでしっかりついていて、お肉も骨から簡単にとれて、柔らかいながらパサパサ感はなく、ジューシーさも堪能できます。
シンプルながら素直に美味しい!という味わいです。
複雑、という味わいではないので、マスタードをつけて、味の変化を楽しみましたが、塩味もしっかりしていますので、
ザワークラフトやマッシュポテトを付け合せたほうが確かに楽しみが広がると思います。

量もたっぷり!、1回では食べ切れなかったので、お肉は皮を取り除いた部分を残し、翌日サラダに使用しました。
冷えることで旨みが一層凝縮され、こちらも美味しかったです。
上手く形取ることができるならば、サンドイッチに使いたいと思いましたが、ちょっと難しいですかね~。
スープも一日で飲みきれなかったので、後日豚ロース肉のポトフに使用しました。
この時には、ロース肉と香味野菜(ニンジン、玉ねぎ、セロリ)を、鍋の中でひたひたにするために水も加えましたが、
やはり水だけで作るポトフより肉の旨みが残り美味しいです。
ただ、スープがしっかりしているためかロース肉では脂が多く感じましたので、モモ肉とかもっと赤身のお肉の方がいいかもしれません。
加水したため、この日もスープは残りましたので、これは翌日にリゾットで使いました。
鶏のブロスよりコクがありましたので、野菜の具を増やしました。

一度のアイスバインで二度も三度も美味しい思いをしました!
時間はかかりますが、作る手間隙は楽なのでお勧めです。
普通の鍋なら数時間煮込む必要がありそうなので、食べる前日に作り、一晩寝かして旨みと味を浸み込みさせて、
翌日食べるというのもありかもしれませんね。



商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 166
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 神奈川県 パンジー様
投稿日付:2008/09/28 19:20
とろ~ん!!口の中でまったりとろけます。
以前に投稿しましたが毎回洋風の仕上がりでしたので飽きもあるから今回は中華風に煮てみました。
これがホントにうまい!
しっかり味が浸みてピリッと唐辛子の辛味も刺激的でご飯もお酒もぐんぐん進みます。
皮の部分のモチモチしてその後プルトロンっとした食感とお肉のホロっと崩れる柔らかでしっとりした食感。
はじめにマリネしてあるからこそ独特の豚さんの臭みも消えて無くなり簡単な下茹でで済むのもうれしいです。
このコラーゲンその物を食べると何だか肌がどうなるんだろうなんて考えてわくわくしますよね。
中華風は初めてですがこの味付けは私的に抜群に美味しく出来上がり嬉しくなりました♪
主人も定番のザワークラウトと食べるものよりずっと趣向があったようで珍しく沢山食べてくれました。

材料
アイスバイン 1袋
醤油 大7
老酒 大3
砂糖 大3
氷砂糖 15粒
水 1200cc
赤唐辛子 1本
ネギ 1本
しょうが 1かけ
こしょう 適宜

作り方
1.マリネの汁ごと鍋に移し水をかぶる位まで入れて40分程茹でこぼします。
2.鍋を洗い油を少々入れてねぎとショウガ薄切りを入れて香りが出るまでじっくり炒めます。
3.茹でたアイスバインと水、調味料を全て加えてふたをしてじっくり煮ます。
4.途中、2時間位したらふたを取ってまた水分を蒸発させる為にコトコト2~3時間煮ます。
5.汁気が少なくなったらになったらきくらげを入れて好みの照りととろみが出たら出来上がりです。

時間はかかりますがほとんど放っておくのでなんの手間も掛りません。
なので私は煮物が大好き。
いつの間にかにすっごく美味しく出来上がりますからね。
このアイスバインを以前はシンプルにジャガイモ、人参などとポトフの様に煮たり冷製ハムにしたりゼリー寄せにしたりしましたが臭みが無く調理しやすいと思い中華風にしてみました。
心配していた洋風の香りは抜けてしっかり中華です。
大事なのは初めにねぎとショウガを香りが出るまで炒めるのと氷砂糖を加える事でまろやかな甘みと照りがとても綺麗に出ますので簡単なので是非やって頂くと出来上がりが格段に違いますのでお勧めします。
付け合わせは最後の方できくらげを加えました。
モチモチの皮の部分とこりこりっとしたきくらげの歯ごたえが楽しい相性です。
後は色味で青梗菜などお好みの中華野菜をたっぷり加えるといいですね。
いつも洋風に仕上げてしまいますがたまには中華も良いですよ。
とにかくすっごく美味しかったです。美味しいお肉をほんとにありがとうございました。



商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 130
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 東京都 Yukky
投稿日付:2008/09/27 00:27
これ、お酒呑みの宴会にはとっても便利です。必要なものはズバリ「時間」のみ。そう、時間さえあれば、本当に便利なパーティフードです。

ではある日の様子をご紹介しましょう。始まり始まり~!

1.パーティ前夜の巻

前々日から冷蔵庫で解凍をしたアイスバインをお鍋に入れて、かぶるくらいの水、ブーケガルニ、セロリ、たまねぎ、にんじんといった香味野菜を入れて三時間ほどコトコトします。

2.パーティ当日朝

朝ごはんの用意をしながらさらに1時間コトコト。もう十分柔らかい煮込みです。熱いうちに1/4くらいお肉をはずし、オススメにあった冷製を作ります。なんてことはない、丸めてラップに包んで冷蔵庫へ入れるだけ。ちょっとオシャレにしたいので煮汁をちょっと別のお鍋に移し、500万年前の塩で味を整えて、ほんのちょっとゼラチンを加えこれも冷蔵庫へ。
この後はお買い物などにお出かけしちゃいます。

3.夜になりました!パーティスタート!

すぐに乾杯できるオードブルとして、冷製と煮汁のゼリー、ザワークラウトを添えて。これがさっぱりしたお味でビールによく合う「特製ハム」なんです♪お出かけしていても切って並べて、はい完成。なんてステキなんでしょ。

4.宴も中盤。ちょっと温かいものも食べたいな~

はいはい、ではここで温製といきましょう。お鍋の中でスタンバイしてくれているアイスバインを温めて。簡単簡単。冷製と同じ食材だと言ったら驚く人多数。フフフ。

5.そろそろお開きです

飲兵衛は飲んだ後にはしょっぱいモノが欲しくなる。そうですか、そうくると思いましたということで、4でお肉を引き上げたあと、ちゃんと準備してましたよ。残ったうまみたっぷりのスープに(既に香味野菜は引き上げてます)冬瓜と平茸を入れて煮込んでましたよ。味付けはシンプルに500万年前の塩だけ。透明の透き通った骨の旨みたっぷりの塩味スープが飲兵衛の身体に染み渡ります。

こうして飲兵衛達は満足して帰途につきましたとさ。

一つの食材で顔を変えながら、かつ手もかからずに、必要なのは時間だけというのはとっても便利な食材ですね。飲兵衛のパーティの便利フードとしてリストアップです。美味しいし楽チンだなんてステキ♪



商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 173
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 東京都 ももいえ様
投稿日付:2008/04/23 11:03
アイスバインのゼラチン化したスープをたっぷり使ったら、とんでもなくおいしい餃子になったのでご報告です!!
なんてことのない国産豚挽肉を使って、野菜餃子と肉ニラ餃子を大量に作りました。肉を徹底的にこねてから、二つにわけて、二種類の餃子の種を作りました。スープを少量入れた野菜餃子はうま味たっぷりの、ものすごーくおいしい餃子に。スープを沢山いれた肉ニラ餃子は、小龍包か!! というほど、口の中に旨汁がほとばしる餃子になりました。100個ほどもできたのですが、旨い美味いと、三人でほとんど平らげてしまいましたよ。ははは・・・あ、もちろんサイドデッシュも汁物も主食もなしですよ。
挽肉をよく捏ねると、水分をよく含むとは聞いていたのですが、ゼラチン化しているためか、茹でないで野菜を刻み、調味料も加えた野菜餃子の種も水っぽく成らなかったのがおどろきでした。
ちなみに写真は野菜餃子です。
いやー、食材の持つ底力を思い知らされました。
アイスバインってすごい。

●材料
豚挽肉400g、アイスバインのスープ200cc、ニラ1束、キャベツ小1/4、戻し干しシイタケ三枚、マイタケ1/3パック、ネギ1/3、生姜中くらいのものを薄切り8ミリ分くらい。
調味料、塩胡椒・醤油・オイスターソース、肉ニラ餃子にはお好みで五香粉

●作り方
1.ネギ、生姜は徹底的なみじん切りに、ニラは細輪切りに、キャベツは、適当に細かく。私はカッターを使いますが、あまりやると水が出ておいしくなくなるので。加減してみてください。キノコ類も適当なみじん切りに。
2.豚肉に粘りが出るまで捏ねて、スープを1/4入れて捏ね、スープが完全に見えなくなったら、肉を3:2くらいに分ける。
3.大ボールに少ない分量の肉とネギ、生姜を半量と、ニラをひとつかみ、キャベツとキノコ全量をいれてまぜ、調味料でしっかり味を付ける。
4.多い方の肉には、残りのスープを入れてスープが見えなくなるくらいこねて、ネギ、生姜、残りのニラ、調味料、五香粉をほんの少しいれてよく混ぜる。こちらもしっかり味を付けます。
*オイスターソースはこくが出るけれど、過ぎるとくどくなるので、いずれもほんのひとふり。

あとは、包んで焼きまくってください♪
広東省の紅麹酢と豆板醤で、際限なく食べられました。


商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 128
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 神奈川県 カペリート様
投稿日付:2008/03/21 15:20
プレゼントありがとうございますm(__)m。

ゼラチン質のスープを利用した[野菜とアイスバインの冷製テリーヌ]を作りました。
お肉のブルブル感とたっぷり野菜のシャキシャキ感がマスタード風味のビネグレットソースにとてもよく合い美味しかったです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「コラーゲンたっぷりでお肌にとても良い!」..そりゃ大変、妻に沢山食べさせなきゃ。

しかし妻は、残念ながら豚のスネ肉が苦手です。

最初、手順通り3時間コトコト..香味野菜と煮込んで一晩寝かした翌日、様子見で控えめな量を粒マスタードとシュークルートを添えて頂きました。妻は、お肉とは別に出した香り高いこのスープをいたく気に入ったらしく、おかわりをして飲み干しました。確かにコラーゲンたっぷり。充分かも知れません..でも、私はまだ納得できません。

ものすごく主観的に私が思ったのは、再度温める前に冷たいお肉を摘み食いした時の方が「お肉自体」の味と食感が美味しく感じられたことです。温製の方が豚スネ肉の個性が強く感じられるからかも知れません。また、私自身は上品にスープっていうより、やっぱりガブっと肉好きなんです。

そんな流れで作った冷製テリーヌ。冷えるとブルンブルンのソースは、ゼラチンいらずです。

:::野菜:::
■菜の花
■ブロッコリ
※下茹
■人参
■ヤングコーン
※下茹後、スープ内で軽くポシェ。

★仕上がったスープはお肉を取出してパッセ。小分けしてストック。

[1]細かくカットしたアイスバインとスープベース少々に、塩・胡椒。水適量を足して2番ダシの感じで20分程弱火で煮込みます。(詰めた状態でテリーヌ型に収まる量)

[2]テリーヌ型にラップを敷きます。

[3]ボールに氷水を噛まして程よく冷やしながら、固まり具合を調節。やや緩めの状態でテーリーヌ型に徐々に流し入れていきます。最後かなり緩めのスープを流して上からラップ

[4]冷蔵庫で固めて出来上がり。

[5]マスタード風味のビネグレットソース※で頂きます。

※マスタード+レモン汁&Wビネガー+塩&胡椒+EXオリーヴオイル==乳化

温製では、反応がイマひとつだった妻も喜んで食べました。
特に肉のスネ部分のクセも感じません。野菜を沢山食べながら、肉を食べてる満足感もあり、とても美味しかったです。

スネ肉好きの方には、申し訳ありません。参考になりません...
美味しいモノを自分達なりにさらに美味しく食べるということも大切なことです。

どうも御馳走さまでした。


商品の評価:★★★★  
   いいねの数 165
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 北海道 匿名希望様
投稿日付:2008/03/18 18:11
始めて見たアイスバイン用のお肉。結構大きめでびっくり。
一度で何度も美味しい予感。
マリネしてあるので、軽く洗って中に入っているローリエ、クローブと一緒に煮込むだけで美味しいアイスバインに、とのことだったので、解凍して早速煮てみることに。
軽く洗ったお肉、マリネ液に入っていたハーブ、ジュニパーベリー、タマネギ、ひたひたになる程度のお水を入れ3時間とろ火で煮込みました。
煮込んでいる間も、ハーブとお肉のいい香りがしました。
アイスバインとして頂く、冷製にして前菜にする、ポトフにするの三種類の食べ方をしてみることに。
出来上がったものは、熱々のうちに骨からはずし、前菜用(小さめに)と普通に食べるよう、ポトフ用に分けました。
普通用は、簡単ザワークラウト(単にベーコン、タマネギ、キャベツの順にいためて白ワインで蒸し煮したものにビネガーと塩、胡椒で味を調えたものです)、マッシュポテトを添えてワインと一緒に頂きました。皮の部分にすね肉のくせがありましたが、ザワークラウトやマスタードと一緒に食べると全く気になりませんでした。
前菜に仕立てたものは(おひとり様一切れ)スープが何もしてないのにうまい具合に固まってくれたので、タイムで風味をつけて、ザワークラウトと共に盛りました。
何より美味しかったのが、ポトフ。ルクーゼの鍋のようなテーブルに出してもかっこいい鍋が無いので、保温効果の高い実用的な日本の土鍋で代用。
煮込んだときのスープ(時間がたつとプルプルに固まるほどコラーゲンがたっぷり)とキャベツ、ジャガイモ、玉ねぎを煮込んで、火が通ったら小さめの固まりに切ったアイスバインを入れ、温めなおすと美味しいポトフの出来上がり。ジャガイモに味がしみ、ほっくりとしてうまうま。
何よりもスープが野菜の甘みが出て美味しかったです。
本格的なザワークラウトが無くても、簡単に作ったザワークラウトもどぎとも美味しくいただけたアイスバイン。初めて食べましたが大満足。



商品の評価:★★★★  
   いいねの数 144
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 神奈川県 duck
投稿日付:2008/03/02 18:51
 キャッチコピー通り、“煮込むだけ!”で 本格的なアイスバインができました!!

 マリネ済みなので、冷蔵庫で1週間ソミュール液に漬け込む手間もなく、解凍して水洗い→鍋で煮て→冷まし(そのままに置いて)→ 暖めて出来上がりです。

 前回は家にある香辛料、八角とコショーとシンプルな味付けで作りましたが、今回作ったアイスバインは7種類の香辛料、りんご果汁、柚子、青唐辛子など、たくさんの食材をミックスして複雑な味になっていて、家庭ではちょっと出せない味だと思います。

 人参、セロリがあれば、1つの鍋で具のお肉、野菜で1品、スープで2品目とできました。



  ☆☆☆煮込むだけ!オリジナルマリネのアイスバイン☆☆☆

 【材料】

◆アイスバイン・・・・・・1本
◆人参・・・・・・中2本
◆セロリ・・・・・・2本
◆500万年前の塩(調整用)・・・・・・少々

 【作り方】

下準備 
解凍したアイスバイン、ローレル、クローブを水洗いし、圧力鍋にお水2.5~3リットルを入れ沸騰したらアクを丁寧にとり、10分圧力をかけます。(←ほとんど柔らかくなってます)

1.人参、セロリを拍子切りにして、柔らかくなったアイスバインの鍋にいれて1分圧力をかけて、そのまま自然に冷まします。
2.もう一度火にかけてあたため、500万年前の塩で味を整えて出来上がりです。

◎冷ます時間をいれなければ、料理時間は30分かからないと思います。

◎スープも濃厚なスープがとれました。一晩おくとプルルンとしたゼリー状になり、ゼラチンがたっぷりということが分かります。


商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 124
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 東京都 ももいえ様
投稿日付:2008/03/16 11:46
アイスバインは二度目の調理です。
前回は中華でしたが、今回はマリネ済みですから
もーあとは煮るだけ!!

解凍したアイスバインをさっと水洗いし、香味野菜とマリネ液に入っていたスパイスを
大鍋にいれてかぶるくらいの水を入れて煮ました。
玉葱は二つと四つ切り、人参は皮付きのまま面取り、セロリはぶつ切りで加え、
スープをよく吸う冬の華、大根を加えて足かけ二日コトコトコト。
最後に茹でて一口大に切った小松菜をスープに入れたらできあがり。

塩など調味料をいっさい使わず、マリネの味付けだけが頼りでしたが、
ホロッホロッに煮えたアイスバインは、ソースも何もなしで、極上の味。
芥子をつけると、いい具合。スープを吸い込んだ野菜のおいしさはいうまでもなく、
「ドイツのおでんだね」などと話している合間にも、子供がどんどんお代わりします。
とろとろの皮の部分を巡り、子供と熾烈な奪い合いを演ずることになりました(笑)。
冬から春のお肌に必要なコラーゲンの塊をつるつるお肌の子供に奪われ、
大人げなくもたいそう悔しい思いをいたしました。

でも♪ 皮がだめならスープがあるさ。
残りのスープは見事に固まっています。
このスープ、豚なのにスッキリ爽やかで、まるでコンソメジェリーです。
ものすごくおいしい。
煮くずれた野菜を網じゃくしですくいとり、脂を取り除き、
シノワで漉して小分けして冷凍保存いたしました。
スープやソースに活躍してくれそうです。
余録も大きい商品ですね!! ご馳走様でした。


商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 141
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる
 投稿者: 長野県 庄助様
投稿日付:2009/08/31 18:05
三度楽しめるアイスバイン

3時間ほどとろ火で茹でるだけでいろいろ楽しめるアイスバイン。
冷めたら骨から身をはずし適当に切り分ける。

当日夜は、別茹でしたジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、カリフラワーと盛り合わせ、ゆでたスープの味を調えて漉したものを注いで、ポトフ風のできあがり。
肉がホロホロで塩味もちょうどよく美味しいじゃないですか~!
家族の評判も上々。


翌朝、冷えたアイスバインと野菜を盛り合わせてサラダ風。
冷えた肉は身がしっかりしてハムのようで美味しいね。




翌昼
残ったすね肉を小さめの賽の目状に切ったものとグリルで焼いた赤パプリカ・黄パプリカの賽の目と、すね肉をゆでたスープで賽の目のズッキーニをゆでたものと合わせてゼラチンを溶き入れてバットに入れてアラ熱を取って冷蔵庫で固めてテリーヌ風セリー寄せを作成。

フレッシュトマトソースをしいたところにテリーヌを置き、ディル、オレガノ、レモンバームをあしらってできあがり。

旨~。







商品の評価:★★★★★  
   いいねの数 122
この商品のレビュー一覧をみる
最新のレビューもみてみる

この商品の他のレビューはこちら

お知らせ

≪煮込むだけ≫アイスバイン・オリジナルマリネを買ったお客様は他にこちらも買っています。














オンラインショップマスターズクラブ正規会員です

グルメソムリエ会員様ログイン
メールアドレス

パスワード

新規ご登録
パスワードをお忘れの方
ショッピングカートナビ
カートは空です。
キーワード検索

探すところ:
※プルダウンで選択して検索してください
お気に入り登録が便利です!
この商品気になったらお気に入り登録をどうぞ!マイページから閲覧出来ます。
ログインユーザーのみご利用いただけます。
商品についての情報/その他
 ご紹介頂きました
 世界屈指のワイン醸造家ベンハミン・ロメオ
 三ツ星レストラン御用達生ハム
 スペイン最高峰ハモンセラーノ
 生ハム・サラミについて
 金賞受賞チーズ
 イベリコ豚のこだわり
 高機能ハモネロ・アフィノックス
 日本初上陸!無添加のジュレ&ジャム
 極上オリーブオイル
投稿状況を見てみよう
メールでGet
定休日カレンダー
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
赤色の日は商品発送をお休みしています。
業務用のお客様へ

業務用・プロ用商材をお探しのお客様、お気軽にお問合せ下さい。
●お問合せ

創業  大正12年 (1923年)
ホームページ開設(1999年)
●会社概要
関連サイト