ジューシービーフハンバーグ(180g×2枚)

4.44 (18件のレシピ)

投稿者:S 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/10/15 00:03

初めて買ったこのハンバーグをまずは普通に焼いて頂きました。とっても柔らかくてジューシーで、一枚が結構ボリュームがあり食べ応え十分です。お値段も手ごろで、常備しておくと色々使えるお役立ち素材になりそうです。

今回、旬のキャベツを丸ごと使ったシューファルシの詰め物としても使ってみました。お肉感を増したいので少しひき肉を足し、更にこちらで手に入れた様々なシャルキュトリーも加えて香りとコクを増します。

 

シューファルシ

・キャベツは丸ごと20-30分ほど茹でる。粗熱が取れたら芯をくりぬいて刻み、詰め物に混ぜる。

詰め物を準備する:

ハンバーグ2個または、1個と牛のひき肉150グラム

スモークしたパンチェッタとサラミの切り落とし端各100グラムを細かく刻む (3-4ミリ角にする)

玉ねぎ微塵切り1個分

パセリ1束 (刻む)

ニンニク1かけ(おろす)

くり抜いたキャベツの芯(刻む)

卵1個

オールスパイス少々

塩胡椒

以上をよく混ぜ合わせる。

 

手順:

1.キャベツの葉は外側2-3枚をとっておき、詰め物をした後の蓋にする。

2.くり抜いた穴にファルスを詰めていき、余ったら葉と葉の間にも詰める。

3.取り置いた外側の葉2-3枚をかぶせて蓋にする。

4.タコ糸で縛る。

5.大きめのオーブン皿にオリーブオイルを熱し、キャベツの表面を軽く焼いて香りを出す。

6.いったんキャベツを取り出し、皿の底に薄く輪切りにした人参を敷き、その上にキャベツを乗せる。

7.チキンストック2-3カップを注ぎ、160度のオーブンで1時間ほど焼く。好みで時間を調整する。

8.切り分けて盛り付け、付け合わせの人参をあしらう。

 

感想:

一つ一つ包んでいくロールキャベツよりも豪快なフランスの家庭料理、シューファルシは丸ごとキャベツの迫力もあり、とても食べ応えのある一品です。見た目にもインパクトがありますので、人が集まる機会にも供しやすいのではないかと思います。意外にお野菜がたっぷりと入っていてヘルシーであり、且つ見た目以上に頂いた時のお肉感もしっかりと食べ応えがあります。

ハンバーグにもともと入っているつなぎだけで、あとは卵を加えれば十分にしっかりとまとまりのあるファルスになりました。パンチェッタに期待したのは脂分を補うこととスモーキーフレーバーを足すこと。そして、サラミは同じく脂身の旨味と発酵したお肉の熟成感、そして異なる食感が入ることによる食べ応えの変化です。

思った通り、秋の気配を感じさせるスモーキーフレーバーが素敵に香り、また熟成肉の塩気によって、特に塩分を加えなくても良い味が付きました。時間をかけて火入れしたので、キャベツにもお肉の旨味がしっかりと染みています。この料理も、こちらで手に入れた様々なシャルキュトリーと、このハンバーグのおかげで作ってみようかなと思えた一品です。ファルスを簡単に準備することができたので、楽に作業が進められました。


ハンバーグにひき肉を混ぜて使いました


パンチェッタとサラミも加えます


以上をよく刻んで混ぜていきます


キャベツに詰めます


ひもで縛って焼き色を付けて


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 3



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「フランス料理/風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「焼く/ローストする」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る