シャラン鴨ロース(窒息鴨)200~250gフランス産

5.00 (1件のレシピ)

投稿者:B 東京都 shiki様  [レシピ]
投稿日付:2020/10/03 23:33

久しぶりに入手した、フランスシャラン鴨のロース肉。

秋らしく、シンプルなソテーにして、いまだ回っているトロナスに溶けだした

脂をかけたら美味しいだろうなと。このメニューに決定しました。

フランスシャラン鴨のロース肉、トロナスのソテーを添えて

材料:1人前

フランスシャラン鴨のロース肉:1パック(200g~250g)

トロナス:4/1個

インゲン:2~3本

パプリカ:赤黄色1枚ずつ。

塩コショウ:適量

飾りの花フェンネル

作り方

フランスシャラン鴨のロース肉は氷水か冷蔵庫で解凍したら、必ず常温(室温)にしておきます。

インゲンは両端を切り、パプリカ2色も切っておきます。

ロース肉はフライパンにオイルを一切入れずに、塩コショウして皮目から中火で両面を焼き、

うまさを閉じ込めてから弱火での野肉の温度が60度くらいまで焼き上げていきます。

本当はすぐに切ると肉汁が出てしまうので、休ませたほうが良いのですが、

今夜は鴨から溶けだした脂でインゲン、トロナス、パプリカの順で時間差で炒めて

残りの脂もすべて切った鴨にかけて出来上がり。

うっすら赤身が残り、溶けだした脂に野菜の香りが移り、そこに少し肉汁が混ざったものを

ソースとして美味しく頂きました。

 

感想

トロナスはオイルとの相性が抜群でトロトロでとても甘く、パプリカといんげんは歯ごたえを残し、肉のうまみが詰まった鴨の肉と赤ワインで最高に美味しく頂きました。

本当に口の中で鴨の肉とその脂と赤ワインがマリアージュした感じでした。

この季節の野菜とジビエのお肉はよく合います!;(


シンプルな素材


焼き上がりその1


焼き上がりその2


アップ!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 3

1kgあたり6,600円(税別)→6,000円(税別)
1個 平均1,518円平均1,380円(税込1,490円)


CN1005FS


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理,合う料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソースを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ&ベーコン
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る