和豚もちぶたの皮付きバラ約600g

5.00 (1件のレシピ)

投稿者:S 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/11/09 00:41

皮付きのバラ肉が手に入ったら、まず作ってみたいのはベーコンです。スモークした後は小分けにして冷凍保存しておけば、これから冬にかけて様々な機会に活躍してくれます。

 

もち豚の自家製スモークベーコン

1. 解凍した肉の全体に串などで穴をあける。

2. 重量比2%の塩と、好みのスパイス、バーブ類を1%ほど混ぜたものを作り、肉全体にまぶす。(今回は、タイムとオールスパイスを使用)

3. キッチンペーパーでくるんでからラップをし、冷蔵庫で1週間ほど熟成させる。毎日紙を取り換えて余分な水分を取り除く。

4. 1週間後、肉の表面を軽く洗って余分な塩分とスパイスを除く。一部をスライスして焼いてみて、塩加減が良ければそのまま90度の低温で1時間ほどローストする。塩が強すぎたら、軽く塩抜きした後にローストする。

5. ロースト後に肉の表面が乾いた状態で、スモークウッドなどを使い1時間ほど温燻する。

6. スモーク後は、一晩おいて薫香を落ち着かせる。

7. すぐに使わない場合は、小分けにしてラップに包み、冷凍保存する。

 

感想:

もち豚のバラ肉はお肉と脂身のバランスが良く、食べやすく感じました。皮付きのままベーコンにすることで皮のゼラチン質の味わいが加わるため、味が濃く感じます。自分で作るからこそ、好みのフレーバーに調整できるのも手づくりの良さだと思います。個人的にはタイムを利かせたシンプルな仕立てが、スモークフレーバと相まって、使い勝手の良い仕上がりになったと感じました。市販のベーコンに使われている砂糖を入れていない塩だけの仕込みでしたが、このお肉の脂身には自然な甘みが感じられますので、ちょうど良い塩梅になったと思います。

まずは試しに薄切りにしたものをフライパンでじっくりと焼き、出てきた脂を使ってスクランブルエッグにしてみました。この脂には全く癖がなくさらりとしていて、しかし香りは良く、卵の甘みを感じる美味しいスクランブルエッグになりました。そのほかにも、ペペロンチーノや炒め物、スープなどに活躍してします。

今回はお試しということで1本分のみ仕込み、家庭ではスライスしにくいので縦の長さを3等分して10㎝分ぐらいのブロックを3つ作り、小分けにしました。作った時は二人家族には少し多いかなとも思っていたのですが、いざ実食していくとあっという間に無くなってしまう分量でした。ベーコンは本当に便利な食材なので、仕込む手間を考えれば次回はもう少し多めに、3本分ぐらいを一気に作って保存したいなと野心的なことも考え始めています。


お肉に香辛料を刷り込んで


熟成後、低温ロースト


スモークしました


まずは朝食に


そしてパスタに

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 2

100gあたり 250円
1個 約 1,500円(税別)


PK6013F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「パスタ料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「スモーク料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ハム/ソーセージ/塩漬け肉を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「自家製ハム/ソーセージ/塩漬け」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る