馬刺し(中霜降り)【美味!適度な霜降りで人気】

4.57 (23件のレシピ)

投稿者:B 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2019/05/12 22:10

だんだんと日差しが強くなり、気温も上がって昼の間は半袖で過ごすようになると火を使わないお料理がおいしく感じられるようになります。直売所で手に入れた赤い新玉ねぎを使い、馬刺しとユッケ仕立てにしてみました。家庭で作るものなので、もちろんお肉も繊維に平行にカットします。

 

新玉ネギと馬刺しのユッケ

1. お肉はサクを半分の長さに切ってから繊維に沿って拍子木切りにする。

2. ボウルにおろしにんにくと醤油、みりん、ごま油を混ぜ、切った肉を揉み込んで下味をつける。

3. 新玉ねぎ(赤)を薄くスライスする。

4. スライスした玉ねぎを敷いた皿の中央にたれを揉み込んだ馬肉を盛りつける。

5. 中央を窪ませ、卵の黄身を乗せる。

6. 周囲に刻んだパセリをあしらう。

7. 好みでポン酢または黒酢などをかけて頂く。

 

感想:

新玉ネギは辛味がなくしゃっきりと甘味が感じられるので、水にさらさずにそのまま使います。黄身を絡めたお肉はねっとりと柔らかく、噛むほどに旨味が溢れてきます。ほのかなサシの具合もちょうど良く、食べ慣れた繊維を断つカットとはまた異なる歯ごたえと共に肉の繊維がほぐれ、口の中で脂がとろけていく感覚に、味覚だけでなく触覚を通じても味わうということを実感します。

個人的には、ほんの少し中国の穀物酢(老陳酢)を使うとコクが増してより美味しく感じられました。しゃっきりとした新玉ねぎが爽やかなこのユッケはサラダ感覚で頂け、まだ暑さに慣れない身体に活を与えてくれるようでした。普段は赤身のお肉を頂くことが多い馬刺しですが、少しサシが入ったこの中霜降りもコクがあって美味しいと思います。


お肉にタレを揉み込みます


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 3

100gあたり 1,090円
1個 約 1,962円(税別)

3.88 (49件)

HM1001F


このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「刺身/カルパッチョ/タタキ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「そのまま食べる/カット」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「韓国料理/風」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る