ペルドロー・ルージュ(毛付)イギリス産【狩猟ジビエ・液体凍結】

5.00 (3件のレシピ)

投稿者:B  らんこ様  [レシピ]
投稿日付:2018/10/19 09:27

キャンプのワイルドアウトドアご馳走にペルドローを2羽用意しました。一羽はつぼ抜きにしてダッチオーブン料理にしましたが、もう一羽つぼ抜きする時間がなかったので、簡単に解体しました。凝った味付けをしたダッチオーブン料理と味の比較をするために、2羽目はシンプルに付け焼で。

結論をいうとどちらも甲乙つけがたい美味しさでした。どの料理法をしたとしても身の柔らかさ、ジューシーさは同じでした。過剰でないほのかなジビエの風味なので臭い消しなどの処理もいらないし、あとは好みの味付けにするだけ。毛をむしって捌く手間さえ嫌でなければ家族で1日楽しめる料理イベントになります。

作り方はこんな感じでした。

1)氷水で解凍した身を新聞紙に包む(羽の下に押し込まれている首も優しく元に戻す)

2)解体前に室温に戻しておく

3)大きなビニール袋のなかに羽が落ちるようにしてプチプチと丁寧に1本ずつ羽をむしっていく(お腹をぐいぐい押さないよう注意)。今回頭で出汁を取る予定なので頭の毛も全てむきました。

4)産毛をバーナーで焼く(肌にモロに火を当ててしまうと皮が縮んでしまうので注意)

5)頭、足を切り落とし、肛門から内臓を潰さないように引き出す。

6)手足の関節を外して、手羽、腿、ムネ肉、ささみを切り離す。(食べた餌が首にたくさん詰まっていることがあるので丁寧に取り除く)

7)蜂蜜と醤油、ブランデーを入れた漬け汁に身を浸しておく。

8)BBQコンロで焼く。串挿しで直火でもいいでしょうし鉄板でもどちらでもお好みで。

身がふわふわで、口にした瞬間「うわ、たまらん!」とつい言ってしまうおいしさでした。

頭、足、あばらは出汁をとって、翌朝のリゾットにしました。これがまた最高でした!





商品の評価:★★★★★
 いいねの数 4



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ダッチオーブン/スキレット」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「パエリア/リゾット料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「キャンプ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「バーベキューBBQ」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る