48ヶ月熟成ハモンイベリコ・セボ・デ・カンポ(ミニ原木・ピエルナ)カサルバ

ハモンイベリコ セボデカンポはイベリコ豚のベジョータと比べても勝るとも劣らない上等な肉質のイベリコ豚後足をじっくりと薄塩で48ヶ月長期熟成された生ハムです。むしろベジョータより上品なイベリコ豚本来のコクとまろやかさを兼ね備え風味良く仕上がっています。ピエルナはゼラチン質を含み噛めば噛む程に旨味が溢れます。またマサからつながる部位ですので高級部位の味わいも楽しめます。

商品コード:SH8018L

在庫:常時在庫

販売価格 平均14,580円(税込)

405ポイント取得できます!

(購入制限:1)
お気に入り登録
メールでGet登録
産地
スペイン カスティーリャ・レオン州 ブルゴス カサルバ社 
原材料
ハモンイベリコのモモ肉・塩・亜硝酸ナトリウム・硝酸カリウム 
単価
[不定貫]1kgあたり19,440円(税込) 
賞味期限
パッケージに記載 
規格
1パック 約750g(700~800g)(マサ) 
販売メモ
真空冷凍にしております。解凍後、薄くスライスして常温に馴染ませてお召し上がりください。開封後は冷蔵庫で保存ください。開封後は風味が落ちてきますので早めのお召上がりをおすすめいたします。保存中変色した部分は加熱料理にお使いください。  
生食

ハモンイベリコ セボデカンポはイベリコ豚のベジョータと比べても勝るとも劣らない上等な肉質のイベリコ豚後足をじっくりと薄塩で48ヶ月長期熟成された生ハムです。むしろベジョータより上品なイベリコ豚本来のコクとまろやかさを兼ね備え風味良く仕上がっています。

ご家庭で手軽に手切りの生ハムを楽しめるように、部位ごとにカットしました。

ピエルナは、生ハムの本場スペインのプロの間では一番美味しいと知られている部位で、後ろ足の足首の部分です。放牧されて運動している部位ですので、味わいがあり脂と肉のバランスもいいのが特徴です。足首の先端に行くにしたがって薄くスライスすることで硬さも気になりません。

 

◆ある意味ハモンイベリコの完成形ともいえる生ハムとは?

カサルバのセボ・デ・カンポのハモンイベリコについて

カサルバCasalbaでは、数年前からエストラマデューラのデエサ(イベリコ豚を放牧するドングリの森)に行き、上質なセボデカンポ(生体)を買い付けていました。セボデカンポとは、放牧をして育てたイベリコ豚のことです。エストラマデューラで放牧されるデエサは、起伏に富んた地形のため豚の運動量が多く、起伏があることにより日当たりの違いによって様々な動植物があり豚の餌も豊富で複雑です。そのため豚の赤身に味があり脂も隅々まで入り込みます。また自然の餌を食べることで奥深い味わいの肉ができます。

この農場のオーナーは「ベジョータと同等クラスの肉質の優れたイベリコ精肉」を市場に出すために、なんと年中放し飼いをして、ゆっくりと18ヶ月間、長いあいだ飼育をし無理なく生体を大きくしていきます。

そしてスペインでベジョータが市場に無くなる4月から12月の時期に、ベジョータに代わる良質なイベリコ豚として高級レストラン等に支持されているのです。

また肉質を良くするために純血種のイベリコ豚PUROとデュロック豚の原種を掛け合わせてあります。通常のベジョータでさえデュロック豚原種とはほとんど掛け合わせません。その理由は豚同士が高価であり、規定の重量になるのに飼育期間が長くかかり効率が悪いなどの理由からです。ちなみにデュロック豚原種の肉の味わいはベジョータに非常に似ていて凝縮された味わいです。

カサルバではこの原料豚を使い薄塩で丁寧に塩漬けし、手間暇をかけて非常に良質で旨いハモンイベリコ・セボデカンポをつくっています。今回特別に日本向けの規格である48ヶ月の長期熟成のセボデカンポが完成したため販売となりました。

 

◆イベリコ豚の種類

Bellota(ベジョータ)
初期飼育で生体重量を100kgぐらいまで飼育した後、10月からデエサで放牧(モンタネーラ)。
ドングリの実でさらに50%の体重増加がなされたイベリコ豚。脂肪交雑がみられ、まさにとろけるような食感と評される。
オレイン酸を多量に含み、その他のビタミン類も含む。

Cebo de Campo(セボ・デ・カンポ)※以前はレセボという名称
モンタネーラで50%の体重増加が出来なかったイベリコ豚に対して、引き続き開放的な条件の中で穀物等の飼料を与え、出荷重量まで飼育されたイベリコ豚。

Cebo(セボ)
一般には放牧はせず飼料を与えて出荷重量まで飼育したイベリコ豚だが、どんぐりの無い季節に放牧され、与えられた穀物飼料の他草や草の根を食べて育つセボもいる。

 

◆通常のセボデカンポとCasalbaのセボデカンポの違い

  通常のセボデカンポ Casalbaのセボデカンポ
豚の種類 イベリコ豚&デュロック イベリコPURO&デュロック原種
飼育期間 12ヶ月~14ヶ月 18ヶ月
放牧期間 4ヶ月前後 12ヶ月以上
生体重量 140kg 170kg
生ハムの熟成期間 24ヶ月前後 48ヶ月
生ハムの味わい イベリコ豚の風味があるが脂は溶けにくく味わいがどちらかというと単調なものが多い。 イベリコ豚の甘い風味、脂のトロッとしたとろけるような食感と風味の良い味わい。

 

◆48ヶ月熟成 イベリコ豚生ハム ミニ原木は部位別4種類(マサ、コントラマサ、バビージャ、ピエルナ)


マサ(外モモ・内モモの部位)

外モモと内モモが合わさっているのが特徴です。肉の間に霜降りが入りやすく、カットすると非常にきれいな断面になります。肉のコク、脂の旨みと甘みのバランスも良い、後ろ足で最高級の部位です。


コントラマサ(ランプの部位)

骨付き原木の、赤身が外に出ている部分ですので、少しながら乾燥していますが、味わいは濃い部位です。ロースの背脂から続いている脂では、味わい深くクセもありません。俗にいうランプの部分です。


バビージャ(シンタマの部位)

赤身が多く、味の濃い部位です。赤身のハムをお好みの方にはお勧め。食べていて飽きがこない部位です。※背脂に脂身がある場合がありますが、肉の中に脂はほとんど入っていませんので、お好みで端の脂を取り除いてお使い下さい。


ピエルナ(ハバキの部位)

スペインの生ハム通の間では一番美味しいと知られている部位で、後ろ足の足首に近いハバキの部分です。運動している部位ですので、味があり脂と肉のバランスもいいのが特徴です。足首の先に行くにしたがって薄くスライスすることで、硬さも気になりません。

 

◆三ツ星レストラン・パリの高級食料品店フォションでも使われる!カサルバの生ハム


生ハム製造北限の冷涼な気候風土が、長期熟成生ハム原木を育みます

ブルゴス・ベロラド村のカサルバ社近辺は、台地になっており、西からリオハに向かって吹き抜ける涼風が味のある生ハム原木を育みます。またスペインでは、この近辺が生ハム造りの北限となっており、年間通して低い温度でじっくりと熟成されるため、味があり、甘みのある生ハム原木ができ上がります。


北限だからこそ極限まで肉質にこだわった生ハム造りができる

年間通して平均気温が低いということは、長期熟成の生ハムを造る上で重要なことであり、通常の豚よりも大きく飼育した、より肉質のよい後足を仕込むこともできます。ゆっくりじっくり長期に渡り熟成をさせることで、よりカサルバ特有の深く複雑な味わいの生ハム原木に仕上がっていきます。


社長フリオ自らが生ハム職人であり、バスクの食をささえてきた人物

カサルバは、大手スパーや百貨店には生ハムを納品しません。カサルバ製品は高級レストランや高級デリカショップで販売され、社長自らが現場の声を聞きながら、生ハム造りに反映させています。生ハムにこだわるからこそ、社長自らが生ハム職人として、第一線で仕込みをしています。そうう会社だからこそ、グルメソムリエの細かい要望を聞き入れることが可能なのです。


唯一無二の生ハム熟成にこだわるから豚の肉質をとことん追求する

カサルバ社は、このような上記の特徴があるからこそ、豚の肉質をより追求することができるのです。生ハムの肉質だけを追求しても、気候風土や、生ハム職人気質そして、それをささえる高級レストランのようなマーケットがないと、続けることすらできません。


ミュシュラン三つ星レストランオーナーシェフ、マルティンベラサテギ氏を陰で支えた生ハム職人フリオ

カサルバはある意味、スペインでも一番有名な三つ星レストラン『マルティンベラサテギ』を陰で支えてきた生ハムメーカーと言っても過言ではありません。マルティンベラサテギ氏は、メニューを変える度にカサルバ社のフリオ氏に食肉加工品を依頼するほどです。


カサルバはパリの高級グルメショップ、フォションで販売されるブランド

世界的に高級レストランが集まるスペインバスク地方、そしてパリ、イタリアはミラノなど、多くの高級ショップで、カサルバの生ハム原木を初めとする加工品が使われています。パリの『フォション』では、10年以上もカサルバの売り場コーナーが設けられているほどです。カサルバの食肉加工品は、各国で高い評価を得ており、日本でも数々の星付きレストランより支持されているブランドです。

◆超長期熟成の生ハムを作るカサルバの生ハム製造について


塩漬けのこだわり!長期熟成、さらに薄塩で旨味のある生ハムを作るため

カサルバは独自の塩漬けを行います。後足の下側(ランプ側)は塩を振りません。それは後足を吊り下げて熟成をしている最中に、上から塩分が降りてくるからです。肉へ均等に塩が浸透することは、長期熟成には非常に大切なことです。長期熟成にこだわり、塩分が強いと乾燥が進み、早く生ハムが仕上がってしまうために、薄塩での熟成にこだわります。長期熟成のメリットは、生ハムの味の深さ、複雑な味わい、生ハムの風味の良さに現れます。


長期熟成だからこそ手を抜かない!抜けない!作り手の姿勢

塩抜きと血抜きは、丁寧に手作業ですすめていきます。太い血管の1本1本から丁寧に血を抜いていき、塩の入り具合を確かめていきます。この時点で塩の入り方や肉質をチェックして満足がいかない場合、生ハム原木はその下のランクに落とされていきます。カサルバでは各行程で生ハムの質をチェックし、このように再確認しながら、最後に残ったものを最高のクオリティの生ハムに仕上げていきます。


塩出し後のハモンは冷蔵庫でこまめにチェック!熟成前のこだわり

カサルバの生ハム原木は、肉質が良い豚を使うため、他のメーカーよりも大きい後ろ脚を塩漬けから無事に発酵させなければなりません。大きい後ろ脚がちゃんと発酵が始まり、安定していくために、社長のフリオ自らこうやってこまめにチェックをしていかなければなりません。カサルバでは、こうやって手間ひまかけて大きい長期熟成の生ハムを造り続けています。


美食の国フランスから『素晴らしい製品』に贈られるコックドール賞を受賞

カサルバは、フランスの『コックドール賞』を受賞しました。この賞はガストロノミー大国と言われる、フランス内で購入できる優れた農産加工品を集めた、ルキッドグルマンの中で、特に優れた農産加工品に与えられる賞です。世界中から食通が集まる、パリのミシュランの星付きレストランでも、カサルバの生ハムはコースメニューに使われていまsす。「コースメニューを引き立てバランスを保つ生ハム」という評価は、バスク地方の高級レストランで培われてきたものです。


日本向けの特別な生ハム原木は、フリオ自らが選んで出荷

日本向けの生ハムは、生ハム熟成中の数々の製造工程の中で、これはと思うものをボデガ(熟成庫)の中で熟成をかけてもらっています。そして日本へは、カサルバ社のオーナー兼生ハム職人である「フリオ氏」が1本1本を吟味したものを輸入しています。グルメソムリエの生ハムは安定していると、市場で評価されています。


日本に輸出していることを「誇り」に進化するカサルバの生ハム

手前から工場長のミゲル、私、フリオ、フリオの息子ステファノン。カサルバ社は、バスクと共に歩み、フランスのパリ、イタリアのミラノと歩んできました。その間でカサルバの生ハムは進化しています。そして今、日本と歩み、最も進化をしています。彼らの誇りは、日本の高級店で認められているという誇りです。その誇りがいっそうカサルバの生ハムを進化させています。

 


「生ハムミニブロック・サラミ類の手引書」が付いています!

生ハムミニ原木やサラミの保存の仕方からカットの仕方、メニューなど多彩にご案内しております。美味しく楽しく召し上がっていただくための必読書です♪

 

↓このミニ原木の「骨付き生ハム原木1本分」はこちらです↓


48ヶ月熟成ハモンイベリコ・セボ・デ・カンポ骨付生ハム原木

この商品の関連商品

この商品をチェックした方はこんな商品もチェックしています

  
 7
1個 平均7,128円(税込)
平均5,702円(税込)

お客様が最近チェックした商品

商品コード:SH8018L

在庫:1個

販売価格 平均14,580円(税込)


(購入制限:1)
お気に入り登録
メールでGet登録





●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
営業日カレンダー
2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る