イベリコ豚ベジョータロースステーキ【どんぐり豚のコクのある美味しさ】

5.00 (51件のレシピ)

投稿者: 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2017/03/19 20:23

久しぶりに頂くイベリコ豚のロース肉。定番のステーキも良いのですが、今回は何となくカツレツにしてみたい気分でした。イベリコ豚の香りを生かすように、シンプルな味付けでいただきます。

イベリコ豚のカツレツ ラクレットチーズ入り

  1. 肉の厚み半分のところに包丁を入れて開き、軽くガーリックパウダーを振ったら、小さくカットしたラクレットチーズを挟む。
  2. 肉の両面に塩胡椒し、小麦粉、バッター液、細目のパン粉の順に衣をつける。
  3. フライパンに弱火でバターを溶かし、カツレツを投入する。
  4. 弱火のままじっくりと火を通す。反対側も同様に焼く。
  5. 衣がしっかりと加熱され、肉が保護されたことを確認したら、火を中火に上げて焼き色を付けていく。
  6. 加熱後、数分置いて余熱で火を通してから切り分けて供する。

 

感想:

フランスでは、フォンデュなど溶かしたチーズの隠し味にガーリックを使うことがあるのですが、今回はそれを思い出して肉の内側にはガーリックとチーズで味付けをしました。チーズの塩分があるので、あえて中には塩を振りません。また、ガーリックはイベリコ豚と相性の良いスパイスだと思います。

特にソースなどは付けず、塩味のみの直球でイベリコの旨味を堪能します。

小ぶりのお肉でしたが、頂いてみると味も濃く、ボリュームがあって満足感がありました。バターやチーズの香りにも負けないイベリコ豚の香ばしさや、肉の噛み応え、溢れる旨味などが相乗効果を齎していました。

たぶんですが、普段とんかつを作る時のように多めの脂で『揚げる』のではなく、少量のラードやバターなどを使って、肉を揚げ焼きする感じで調理することが、イベリコ豚のカツレツをおいしく仕上げるコツのように感じられます。


ラクレットチーズを挟む


少量のバターで揚げ焼に


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 41



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「カツレツ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「チーズを使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「揚げ焼き」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)