桜肉(馬肉)ヒレステーキ【柔らかジューシー!赤身のステーキ】

4.50 (20件のレシピ)

投稿者:  東京ウサコ様  [レシピ]
投稿日付:2020/06/19 00:19

初・桜肉ヒレステーキ♪

 

馬刺しは赤身も霜降りも大好きで、手軽に元気を出したい日に食べるメニューというイメージです。今回、初の桜肉ヒレステーキを頂きました。

 

桜肉ヒレはちょうど100gくらい。手のひらサイズなので、とりあえず2枚を一緒に調理します。

発泡スチロールの箱を、解凍用にキープしています。ここに氷水とヒレ肉を入れて放置。芯まで解凍されたら、冷蔵庫で一晩休ませます。

翌日、1時間ほど室温に戻した桜肉ヒレのドリップをペーパータオルで拭いて、塩コショウをしたら、フライパンで全面を焼き付けます。6面にきれいな焼き目が付いたら、アルミホイルに包んで、5分ほど休ませます。

2枚を一緒に調理したうち、1枚目は温かさが残るうちにスライス。ちょっと肉汁が出てしまいましたが、角切りにした フルーツトマトとモッツァレラ・ブラータチーズの角切りと一緒に頂きます。

まずは、桜肉だけ。単なる赤身肉の味というよりは、ちょっとレバーのような、赤血球が増えそうな?濃い旨味があります。そこにフレッシュトマトのさわやかさと甘み、モッツァレラ・ブラータチーズもミルキーな甘さは好相性。やっぱり元気が出る味でした。

1枚が小さいステーキなので、2枚食べちゃうかも、と焼いたのですが、見た目以上に食べ応えがあり、二枚目のステーキはいったん冷蔵庫へ。冷やしたお肉は薄く切れるので、2切れ目(翌日の食事)はお刺身風。ワサビと塩でシンプルに、肉の味わいを堪能しました。やはり赤血球味!ここは、肉のおともにキャベツの浅漬けを。1枚目のステーキではお肉にのせたモッツァレラ・ブラータチーズですが、今日は、キャベツ浅漬けに載せます!歯ごたえとさわやかさと塩気のある浅漬けとチーズも、よく合います!これまでこのミルクの化身のようなチーズを、桃や梅干しやべったら漬けとも合わせてきましたが、桜肉ステーキもキャベツ浅漬けも良いようです。

桜肉もチーズも、それぞれの食材に固有のおいしさがあり、組み合わせを考えるのもいつも楽しみです。(違う食材のレビューになっていますが)特にモッツァレラ・ブラータチーズは、合わない食材はないのではないか!?と思うほど、何でも美味しくなると思っています。


馬肉ヒレステーキを、温かいうちにトマトとモッツァレラ・ブラータチーズで頂きます!


冷やしてから、塩とワサビで頂くのも美味しいです。


付け合わせは、キャベツの浅漬け・モッツァレラ・ブラータチーズのせ。チーズのミルキーさは、赤身の肉にも、塩漬けの野菜にも合います。

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 17



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ステーキ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「刺身/カルパッチョ/タタキ」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「フライパン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソテー」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「チーズを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)