スプリングラム 熟成ラムフレンチラック(リブキャップ付き1枚入【ニュージーランド産】

5.00 (1件のレシピ)

投稿者:S 神奈川県 duck様  [レシピ]
投稿日付:2021/07/26 21:50

春~初夏に育った最高の状態の仔羊を、ルバーブソースでいただきました!!


旨味・柔らかさが一段と感じられるスプリングラムは、
小ぶりの大きさですが、
肉の味は濃く、
色も濃いような気がします。
 
赤身のお肉はもちろんの事、
ミルキーな脂身の色も、
そして、
赤身と脂身のコントラストも美しく、
“美味しいよ~”と、
語っているようでした。
 
リブキャップの脂身は軽く、
焼いて漂う香ばしい香りは、
澄んでいて、
こんな良質な脂身?食べたことあるかなあ~? と、
感動がありました。
 
脂身は強めに焼いて、
切る時、
脂身を下ににして包丁を入れれば、
“こりっ”と音が出る位に焼くと、
美味しいと思います。
 
赤ワインは、
ベリー系の香りのものを使い、
ルバーブの酸味と甘みのソースが、
旨味の濃いお肉に合いました。
 
次回は、
リブキャップとラムチョップで、
いただこうと思います。
 
4~10月にかけて、
長野のスーパーにルバーブが出回りますが、
春~初夏の季節が、
肉質が柔らかく、
酸味も強い上質のものが出荷され、
ベストな状態のルバーブで、
ジャムを作りました。
 
 
◇◇◇スプリングラムのロースト(ルバーブソース)◇◇◇
 
【材料】
 
◆スプリングラム 熟成ラムフレンチラック・・・・・・1/2袋
◆塩・・・・・・小1弱
◆胡椒・・・・・・少々
◆ルバーブ・・・・・・大3
◆赤ワイン・・・・・・120㏄
 
【作り方】
 
1.解凍して丸1日冷蔵庫でねかせたお肉に塩胡椒します。(リブキャップの脂身のほうに多めにかけます。)
2.中火で温めたフライパンに脂身を下にして置き、お肉の面がフライパンに接するように気持ちお肉を押し付けて約10分きつね色になるまで焼き、
3.熱くした鉄製の器に入れ替えて150度で20分火を入れ、アルミホイルで包み、20分位お肉を休ませます。
4.お肉を焼いたフライパンに残るラムの脂に赤ワインとルバーブジャム(糖度40)を加え煮詰めます。(濃度は写真を参考ににしてください。)
5.骨と骨の間に包丁を入れて切り分けお皿に盛り付け、ソースをかけて出来上がりです。

赤身と脂身の割合が良く


脂身を下にして焼き始め


リブキャップは強めに焼いて


焼いて出てきた美味しい脂をソースに使い


ルバーブジャム(赤)と赤ワインを加え


煮詰め終えたルバーブソース


しっとり、ジューシーなお肉


春~初夏に最高に美味しくなる食材の一皿!

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 10



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「骨付き肉を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理,合う料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「フランス料理/風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「焼く/ローストする」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「フライパン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソースを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら


●グルメソムリエについて

商品についての情報
ソーセージ&ベーコンの楽しみ方
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)