【終売商品です】プレノワールP.A.C(フランス産黒毛丸鳥)

5.00 (5件のレシピ)

投稿者: 大阪府 hide様  [レシピ]
投稿日付:2007/05/03 10:02

下こしらえさえすれば、あとはオーブンで焼き上げるだけ。特にこの鶏は、お肉がジューシーで滋味があり、ブロイラーとの違いが歴然です。我家のパーティーの定番になりました。

① たっぷりの氷水の中で解凍し、残っている毛をきれいに掃除したあと、たっぷりの塩、ハーブ(ローズマリー、セージ、コショウ、にんにく等)とオリーブオイルを鶏の内外にすり込み、少し寝かせます。

② スタッフィングを作ります。冷凍ピラフなどとはいわず、せっかくですから手作りしましょう。ほうれん草、鶏レバー、エリンギ、マッシュルーム、ご飯などが合うようです。今回は、ほうれん草とたっぷりのエリンギをにんにくでいため、塩で味付けしたものを詰めました。ご飯をやレバーを加え、ピラフ風にしてもなかなかいけます。

③ スタッフィングのあら熱が取れたところで、鶏に詰め、開口部を専用の針(荒物やさんで見つけました)とたこ糸で縫い合わせます。手羽の第2関節を後ろ向きにバキッと曲げ、脚先をたこ糸で縛って準備完了。

④ 170度に予熱したのオーブンで、1Kgあたり55分の割で時間設定し、焼き上げます。このとき、トレイに塩とオリーブオイルでマリネしたジャガイモやにんじんをのせておけば、サイドディッシュも同時にできます。

⑤ 焼きあがったら、ホイルで包み、10分ほど寝かせてから切り分けます。

⑥ トレイに残ったスープを濾して、バター、ワイン、バルサミコなどを加え、煮詰めてソースを作っても美味。

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 173



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「骨付きの丸鳥を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「詰め物・ロースト」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
世界屈指のワイン醸造家ベンハミン・ロメオ
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページのトップへ戻る