和豚もちぶたの煮込み用スネ肉【カレーに!シチューに♪煮込みに最適】

5.00 (6件のレシピ)

投稿者:B 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/06/10 22:53

気軽に使える煮込み用のお肉として購入してみましたが、届いたお肉のしっかりとしたボリュームを見てメインに使ってみようと思いました。牛肉よりも軽い食感の豚肉は、調理にもそれほど時間がかかりません。今の時期に合うように、白ワインの酸味と豚肉と相性の良いセロリのさわやかさを生かした軽い煮込みにしてみました。

 

もち豚すね肉のセロリ煮込み

  1. すね肉の大きいブロックは二つにカットし、一切れ当たりの大さきさが80-100グラム程度になるように調整する。
  2. 表面に塩胡椒を振り、エルブドプロバンスをまぶして室温に馴染ませる。
  3. ココット鍋にオリーブオイルを熱し、小麦粉を表面にはたいた肉を入れ、弱火で焼き色を付けていく。
  4. 皮をむいた新ニンニクも入れ、一緒に焼いて香りを移す。
  5. その間に玉ねぎ1個を1㎝幅に切る。セロリは4~5本は茎のところを斜めに1㎝幅にカットし、葉の部分は粗く刻む。
  6. 肉に表面に軽く焼き色が付いたら取り出し、残った鍋で玉ねぎとセロリを炒める。途中で塩を振る。
  7. 野菜がしんなりしてきたら肉を戻し、白ワイン2カップを加えて蓋をし、弱火で30分煮る。
  8. 30分後、1㎝幅にカットしたパプリカも加え、更に15分ほど煮たら火を止め、冷ましながら味を馴染ませる。
  9. サーブする前に温めなおし、ショートパスタを付け合わせとして供する。

 

感想

とろけるほどに煮込まれた野菜の甘みがワインの酸味を和らげ、肉に穏やかな旨味を与えます。1時間程度の加熱でも十分に柔らかくなっているお肉は、きめが細かく、むっちりとしていて、もち豚という名の由来を感じさせました。イベリコ豚のように個性のあふれた強い味わいではありませんが、とても食べやすく、噛むごとに美味しさが溢れてくるこのお肉は、日本人好みの味わいだと思います。いろいろな調理法や味付けに柔軟に合わせやすそうだなと感じました。

お肉と野菜のエキスが溶け込んだソースはさらりとしていながらも旨味がたっぷりで、パスタに絡めるとついつい食べ過ぎてしまいます。セロリはかなり沢山入れたにも関わらず煮崩れてほとんどなくなってしまったので、もっと入れても良かったのではないかと思ったほどでした。お肉と一緒にお野菜がたっぷり頂けるのも嬉しい限りです。


お肉を焼きます


セロリはたっぷりと


白ワインを入れて煮込みます


パスタを添えていただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 5



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理,合う料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「煮込み料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「パスタ料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

商品についての情報
 肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
ご紹介頂きました
世界屈指のワイン醸造家ベンハミン・ロメオ
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページのトップへ戻る