ラムミンチ (仔羊ショルダー挽肉300g)

5.00 (35件のレシピ)

投稿者:S 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2019/06/09 22:58

茄子のおいしい季節になってきました。冷凍庫にあったラムのひき肉を使い、ギリシャ名物のムサカを作りました。ジャガイモを入れていないので軽くてヘルシー、ラザニアとほとんど作り方は変わりませんが、ミートソースがラムベースなのでちょっぴりエキゾチックな仕上がりです。

ムサカ(ギリシャ風茄子のミートグラタン)

1.茄子3本を1㎝幅の輪切りにし、軽く塩を振ってからオリーブオイルをスプレーし、重ならないように天板に並べてから160度のオーブンで20分ほど焼いて水分を飛ばす。

ミートソースを作る:

・新玉ねぎ1個とにんにく2かけ、セロリの葉1本分をみじん切りにしたらオリーブオイルで炒め、野菜に火が通ってきたところでラムのひき肉を入れて更に炒める。

・肉の色が変わったら、赤ワイン1カップとトマトペースト、カットトマトを入れ、オレガノと塩胡椒で味付けし、ソースを20-30分煮詰めていく。水分が飛んだら火を止める。

ベシャメルソースを作る:

鍋に等量の小麦粉とバターを熱し、弱火で炒めてペースト状になったら温めておいた牛乳を加え、好みの濃さまで伸ばす。塩コショウで味を調える。

仕上げ:

オーブン用の耐熱皿に、ベシャメルソース、茄子、ミートソース、茄子の順に重ね、最後に好みのチーズ(モッツアレラ、ゴーダ等)をかけてオーブンに入れる。

180℃で40~50分ぐらい、全体がふつふつとして表面のチーズに焼き色が付くまで加熱する。

 

感想:

ソースをたっぷりと使っているので皿に取り出す時に少し流れてしまいましたが、熱々とろりとした茄子に二つのソースが絡まった美味しさは格別でした。ラム肉のソースはギリシャ風にオレガノと塩だけの味付けですが、トマトの酸味が良く引き立ってフレッシュな味わいです。そしてベシャメルソースがまったりとミルキーな味わいを加えます。ナスはあらかじめしっかり目に加熱しておくことが、水っぽくならず、且つまったり感を出すコツかと思います。

ナスとひき肉の相性は最高ですが、そこにチーズやベシャメルソースが加わることで更にコクが出て満足感が増す気がします。ラザニアとほぼ作り方は同じなのですが、パスタではなく野菜を使うことでよりヘルシーになります。ナスのおいしい頂き方のひとつだと思います。このミートソースも、ラム肉の癖は全く気にならず、トマトの酸味とハーブの香りが肉質によく合っていると思いました。

このラムショルダーミンチは脂身が少なく、癖がなくてとても使い勝手の良いひき肉なので、我が家では常備するようにしています。牛肉のミンチよりも風味が控えめに感じるのにしっかりとお肉の美味しさがあり、様々なスパイスや香辛料と馴染みやすいのでいろいろとアレンジしやすく、合いびき肉感覚で使っています。


茄子は予め加熱します


野菜とひき肉を炒めて


ミートソースに


茄子とソースを交互に重ねて


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 4



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「ワインを使った料理,合う料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「焼く/ローストする」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「オーブン」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「挽き肉を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「グラタン/ドリア」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「チーズを使った料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ&ベーコン
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る