激ウマ羊肉バラ(しゃぶしゃぶ用)300g【マトン脂の旨味を堪能!】

5.00 (4件のレシピ)

投稿者:B 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/08/19 22:30

ハヤシライスが食べたい、と、急に夫が言い出しました。幸い、冷凍庫には火鍋に使おうと以前買い求めたマトンの薄切り肉が。そんなわけで急に思い立って作った1品です。インスタントのルーこそ使っていますが、いくつかの工夫をすることで多少は本格的な仕上がりになったかと思います。

 

マトンのハヤシライス

  • ざく切りにした玉ねぎ1個分と解凍した肉をバターで軽く炒める。
  • 肉の色が変わったら、赤ワイン1カップとダイスカットのトマトを1缶投入する。
  • ローリエの葉2枚を入れて中火にかけて煮込みながら、微塵切りのセロリの葉1本分とフライドオニオン半カップを加える。
  • 30分ほど煮たら1㎝幅に切ったパプリカを入れ、更に5分ほど煮たら火を止める。
  • ローリエの葉を取り出して市販のハヤシルーを半分混ぜ溶かす。
  • もう一度火にかけてとろみを出し、最後に生クリームを半カップ加える。
  • ご飯にかけて供する。

 

感想:

夏なのでトマトをたっぷりと入れて酸味を出し、爽やかな感じに仕上げました。フライドオニオンをこういった煮込みに使うと、玉ねぎをあめ色に炒める手間をかけることなくコクと旨味が出ますので、手抜きであっても仕上がりが重厚になります。水の代わりに赤ワインを使うのも、旨味と酸味を増しつつインスタントのルー特有の匂いを目立たなくする効果があります。

今回使用したバトンのバラ肉は、お肉の状態で見た時はそこそこ脂身が多く見えたのですが、出来上がってみるとあまり脂は感じられませんでした。トマトの酸味の効いた味わいは、マトンの香りと相性が良いと感じます。牛肉よりも軽く、あっさりとした仕上がりで今の季節にはぴったりだと思いました。このお肉は薄切りでもしっかりと味があって、ソースに負けないお肉の存在感がありました。始めた頂いたマトンのバラ肉でしたが、次回は焼いてみたいなと思いました。


お肉と玉ねぎを炒めます


赤ワインとトマトで煮ます


セロリとフライドオニオンでコクを出して


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 4



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「煮込み料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る