《売切りセール》うずら骨付きモモ肉(8本入・キュイスドカイユ)【焼き鳥やソテーに】

5.00 (14件のレシピ)

投稿者:B 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2020/06/15 00:50

ご近所から筍を頂きました。ちょうどもち米が残っていたので、中華おこわを作ることにしました。普段ならば豚肉や鶏肉を使うところですが、せっかくなので骨付きのウズラを使って骨から出る旨味を生かしてみようと思いました。


鶉の骨付きモモ肉と筍の中華おこわ

1. もち米2合を洗ってざるに上げておく。

2. 煮込み用の鍋に軽く油を引き、軽く塩を振った鶉を焼く。弱火でじっくりと皮目から焼き、薄く焼き色が付いたら肉を返す。反対側も同様にして焼いたら、いったん取り出す。

3. 肉を焼いた鍋で、2-3㎝位の食べやすい大きさに切った筍と、いちょう切りにした人参、ニンニク2かけを炒める。全体に油がなじんだら醤油を回しかけ、表面に絡める。

4. 更に軽く炒めた後、紹興酒半カップと水2カップほどを入れ、砂糖、醤油、オイスターソースで味を調える。鶉を戻し入れ、中火で30分煮る。

5. 30分煮たら火を止め、1時間ほど置いて冷ます。その後、鶉だけは別にしておく。

6. 中華鍋に1㎝幅に切ったパンチェッタ薄切りを50グラムほど炒め、脂が出てきたところでもち米を投入して炒める。

7. 米全体に脂が馴染み、透明感が出てきたら先ほど煮た筍と人参を鍋ごと加える。煮汁が少なかったら水を足し、軽く塩を入れて味を調える。

8. 炒めながらもち米に水分を含ませていく。

9. 全体に水気がなくなってきたら火を止め、蒸籠に米を移す。

10. 上に鶉肉を並べ、20分蒸す。途中できぬさやを足す。

11. 蒸しあがったら蒸籠ごと供する。


感想:

表面にお肉を並べて蒸してあるため見た目にも豪華で、筍といんげんという旬の食材を使った初夏を感じるおこわになったと思います。

ぷりぷりのウズラは普段ソテーなどで頂くことが多いのですが、蒸し煮も美味しいと思いました。しっかり火を通してあるので骨離れは良く、でも鶏肉よりもしっとりとした肉質はそのままでした。甘辛い味わいもこの肉にはよく合います。

普段中華おこわを作る際には干しエビなども使うことが多いのですが、今回は骨付き肉とパンチェッタの旨味がベースになっており、非常に上品な味わいで食べやすいと感じました。お米を炒める時に思い付きで加えたパンチェッタも良い仕事をしていたと思います。

筍と鶏肉はよく合いますので、もちろん鶉と筍も相性は抜群です。思い付きで作ってみた組み合わせでしたが、大成功でした。これからは初夏の定番メニューのひとつになりそうです。



鶉に焼き色を付ける


その鍋で筍と一緒に煮る


もち米はパンチェッタと炒める


筍を煮汁ごと入れて炒めにする


最後に蒸して出来上がり

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 3



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「骨付き肉を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ソーセージ・ベーコン・塩漬け肉を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「中華料理/風」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「ご飯/米を使った料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「プレゼ/蒸し煮」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら
●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ&ベーコン
ご紹介頂きました
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
ベンハミン・ロメオのワイン
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2020年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る