《お試し価格》ラム リブキャップ(リブロースのかぶり)《NZ産熟成ラム肉》

5.00 (4件のレシピ)

投稿者:S 愛知県 パイコー様  [レシピ]
投稿日付:2018/11/26 00:32

羊肉好きの我が家では、普段使いにちょうど良いボリュームとコスパのこのお肉がすっかり気に入っています。夏の間はシンプルに焼くことが多かったのですが、少し寒くなってくるにつれ、煮込みにも使ってみたくなりました。今回は、ちょうどカレーが食べたいというリクエストもあり、羊肉と相性の良いトマトをふんだんに使ったインド風のカレーにしてみました。

 

ラム肉とレンズ豆のトマトカレー

1. 解凍した肉を3-4㎝角ぐらいに切り、軽く塩を振ってから脂身の方を下にして焼き、脂を出す。

2. 十分に脂が出て焼き色がついてきたら肉を返し、全体に色が付いたらいったん肉を取り出す。

3. 火を弱め、残った脂でホールクミン小1/2と薄切りにした玉ねぎ1個を炒める。

4. 玉ねぎが透き通ってきたらカレー粉大3とコリアンダーパウダー大1、ジンジャーパウダー小1を加え、更に炒めてスパイスの香りを立たせる。

5. 肉を戻し、全体を馴染ませたらトマトの水煮を一缶と水を1カップ加える。

6. 更にレンズ豆をひと握りほど足し、弱火にしてかき混ぜながら40分ほど煮る。

7. 火を止めて、塩味を調整する。

8. 好みでライスやナンを添えて頂く。

 

感想:

スパイスをとてもシンプルな配合にしてあるので、ラムとトマトの香りが良く立っています。

沢山入っているトマトのおかげで色は赤く仕上がっていますが、食べてみるとやはりカレーの味です。トマトの酸味がよく効いていて、そこへたっぷり加えた生姜の辛味もあり、なかなかにパンチの効いた味わいです。

トマトとレンズ豆のとろみがちょうど良く、ご飯とよく馴染みます。

お肉は短時間の煮込みでもしっかりと柔らかくなっていました。焼くとお肉に厚みが出るので、出来上がってみると角切りの煮込み用お肉を使ったかと思うような存在感がありました。もともとただ焼くだけでも十分においしい部位ですが、煮込んだ時のホロホロ感もまた良いものです。お肉にはしっかりと脂が乗っているので結構濃厚でコクのあるソースになりましたが、トマトの酸味のおかげでくどくは感じません。インドカレー好きの友人との食事会で供しましたが、とても美味しいと喜んでいただきました。


お肉を焼きます


その脂で玉ねぎを炒めて


更にスパイスも炒める


トマトとレンズ豆を投入


いただきます

商品の評価:★★★★★
 いいねの数 2



このページをシェアする

このレシピが含まれるカテゴリー「煮込み料理」のレシピ 
このレシピが含まれるカテゴリー「カレー料理」のレシピ 
カテゴリー別一覧はこちら

●グルメソムリエについて

〔商品についての情報〕
肉の日感謝デー(過去のプレゼント)
こだわりのおとなのソーセージ
日光HIMITSUひみつ豚ソーセージ
ご紹介頂きました
ベンハミン・ロメオのワイン
三ツ星レストラン御用達生ハム
スペイン最高峰ハモンセラーノ
生ハム・サラミについて
金賞受賞チーズ
イベリコ豚のこだわり
高機能ハモネロ・アフィノックス
営業日カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
土曜日も出荷致します。 (赤文字の日は休日となり、出荷もお休みとなります。)
ログイン
カートを見る
このページの
トップへ戻る